2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
[LEFT_POLL]
 

トップ > FOODS > 乳製品 > 十勝オーガニック牛乳3本セット

十勝オーガニック牛乳3本セット

商品コード : ss-01117
製造元 : 鈴木牧場
価格 : 2,100円(税込)
633
ポイント : 10
数量
 

発送方法、同一商品同梱可能数はページ下部記載の通りです。送料詳細はご利用ガイドを参照ください。

ゴールデンウィーク休業前最終受付 2024年4月26日(金)
ゴールデンウィーク休業 2024年4月27日(土)〜5月6日(月)
2024年5月7日(火)より通常営業となります。
休業中のお問い合わせにつきましては、5月7日(火)以降に回答いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

■地域を感じる"テロワール牛乳"を目指して

(文・猿渡亜美/スロウ79号掲載)

朝晩は金具でつなぎ止め、その場で生活。昼間の少しの時間は外に出すけれど、雨や雪の日はつなぎ飼育のまま。餌は輸入した配合飼料を混ぜて与える。北海道の一般的な酪農を営む家で生まれ育った私は、その育て方が自然なものだと思い込んでいました。大人になってから放牧メインでの飼育方法を知り、ストレスが少なくのびのびと過ごす牛を見たときは驚いたものです。


最近、牧草のみを食べさせて育てるグラスフェッド、動物の健康や福祉に焦点を当てたアニマルウェルフェアの考え方が身近になりました。世界的な飼料高騰、円安といった背景もあり、餌を自家製や近隣で調達することが重視されるようになったことも大きいでしょう。とはいっても、飼料から牧草への転換は容易ではありません。栄養価の高い飼料を与えない分、乳量は落ちてしまいますし、繁殖にも影響があるかもしれない。どうしたらうまく転換できるのだろう。こうして先駆けてグラスフェッドやアニマルウェルフェアに取り組んできた酪農家に注目が集まっているのです。2018年に農薬や化学肥料を使わない牧草栽培を達成した、広尾町の鈴木敏文さんもその一人です。

 

■環境が変わると、牛乳の味も変わる。


本誌では「十勝の塩」の生産者としてお馴染みの鈴木さん。自ら牧草を育て、水にも工夫を凝らし、牛に欠かせない塩まで作ったというユニークな人です。鈴木さんは牧草のみで育てるようになってから、ずっと自家製の牛乳を発売することを目指してきました。このたび生産設備を整えたことで、念願叶って十勝オーガニック牛乳の生産を開始することができたのです。

広尾町の酪農家の4代目として育った鈴木さん。子どもの頃、年中休まず朝から晩まで泥だらけで働く両親の姿を見て、酪農にはあまり良いイメージがありませんでした。後継者となり、自分の手で牛を育てるようになってからも苦手意識を抱いたままでした。しかし牛の病気がきっかけとなり、牛の健康を考えて化学肥料を減らして育てた牧草を与え始めて数年経った頃のこと。「おいしい牧草を食べた牛の乳は、どんな味がするんだろう」と、牛乳を飲んでみたくなったという鈴木さん。バルククーラーのレバーをひねり、搾りたての牛乳を飲んでみると、驚くほどおいしかったのです。健康に育つと、牛乳もおいしくなる。鈴木さんは自信を深めていきました。



写真上/新しく完成した牛舎。牛にとって自然な環境を作り出すため、木材を多用しています。

 

■身体にスッと馴染む透明感のある牛乳


以前から自ら生産する牛乳がおいしいことを自信たっぷりに伝えてくれていた鈴木さん。一体どれほどおいしいのだろう、と私も想像を膨らませていました。2022年、ついに乳加工室を併設した新しい牛舎が完成。十勝オーガニック牛乳の製造がスタートしました。

新しい牛舎は24時間自由に出入りできるようになっています。撮影に伺った日も牛はほとんど牛舎内にはおらず、外で過ごしていました。牛自身に快適な環境を選ばせて、ストレスのない生活を提供しているので、牛は朝と夕方の搾乳の時間になると自然と牛舎に戻ってきて、搾乳室に列を作ります。その搾りたての生乳を新鮮な状態でパッキングするために、搾乳後30分以内に低温殺菌。搾乳室から直接パイプラインを通し、空気に触れず乳加工室に届く仕組みになっています。



実際に牛乳を飲んでみたところ、驚くほどスッと身体に馴染んでいきました。癖はなく、市販されている牛乳とはまったくの別物です。しかもお腹のゴロゴロ感が現れにくい、栄養価の高いA2牛乳でもあります。また、夏と冬でも味が異なります。青草を食べて育つ夏の牛乳は、爽やかな風を感じる味わいになるでしょう。

 

■商品紹介

届いた当日は新鮮でフレッシュな味わいです。冷蔵庫で少し寝かせると、まろやかに舌触りもなめらかになります。

 

■作り手 鈴木牧場(広尾町)




初代畑作農家から酪農業へ転身。現在はグラスフェッドビーフ(牧草のみで育つ牛)を育てている鈴木牧場。「私たちは牧場から健康と幸せを提供し一人一人が輝く豊かな社会の実現に貢献します」と理念に掲げる通り、牛たちが健康に育つことを一番に考え、牛に与える牧草づくり、塩づくり、水にこだわり飼育しています。乳牛を中心に肉牛の肥育を主とし、自家用を中心に養鶏、畑作を行っています。

鈴木さんが目指すのは「テロワール牛乳」。ワインのように地域性のある牛乳です。日高山脈の豊かな水脈由来の水を飲み、滋養豊かに育った牧草を食べ、広尾町沿岸の海水から作った塩を舐めて育った牛が生み出す牛乳。日高山脈や十勝平野、太平洋の景色を思い浮かべながら味わってみてほしいものです。

 

■商品詳細


セット内容:十勝オーガニック牛乳×3

原材料:有機生乳100%

内容量:200ml
 

賞味期限:製造より10日

 

■宅急便60サイズ発送(冷蔵)


 

■お届けまでの時間目安


ご入金確認後10営業日で発送予定。
※在庫切れの場合、数週間ほどお時間をいただく場合がございます。

 

■熨斗


対応不可
 

鈴木牧場 関連商品

十勝の塩 2袋セット

十勝の塩 2袋セット

633

1,600円(税込)