2024年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
[LEFT_POLL]
 

トップ > FOODS > 加工品 > たまご屋さんのチキンカレー

たまご屋さんのチキンカレー

商品コード : ss-00177
製造元 : たつかーむ
価格 : 2,700円(税込)
525
ポイント : 13
数量
 

発送方法、同一商品同梱可能数はページ下部記載の通りです。送料詳細はご利用ガイドを参照ください。

ゴールデンウィーク休業前最終受付 2024年4月26日(金)
ゴールデンウィーク休業 2024年4月27日(土)〜5月6日(月)
2024年5月7日(火)より通常営業となります。
休業中のお問い合わせにつきましては、5月7日(火)以降に回答いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。



■カフェの人気メニューがそのままレトルトパックに


(スロウ58号「編集者の偏愛」掲載)
 



雇用と経済の循環のため、さまざまな加工品も手がけるたつかーむ。中でも注目したいのは農場内のカフェの定番メニューである親鶏を使った北インド風チキンカレーです。

12種類のスパイスと北海道産玉ねぎが生み出す濃厚なコクが人気の秘密。店長のサントス若生実さんは、「家庭料理にこそその土地(国)のほんとうの魅力が感じられる気がするから」と、世界各国の「現地の母の味」を学び、日本の家庭料理の良さと融合させるような味づくりに努めているのだそうです。

無類のカレー好きはもちろんのこと、たつかーむの思いに共感するすべての人に味わってもらいたいチキンカレーです。



■作り手 たつかーむ(壮瞥町)

 



壮瞥町の立香(たつか)地区で養鶏や畑作を営む、合同会社農場たつかーむ。代表社員の高野律雄さんによると、ここは「循環」をひとつのキーワードとして成り立っている場所。

東京で福祉関連の職に就いていた高野さんは30年ほど前にこの地に移住、「障がいをもつ者もそうでない者も、共に自立するための場づくり」を志し、夫婦で養鶏と畑作を営む農場を設立しました。

畑で育てた大豆などを鶏のエサにし、鶏糞は畑の肥料に。そんな農業としての循環と、加工して流通させることでの雇用創出、そして付加価値の提供と利益の還元という、経済の循環を創り出す農場です。
 

■商品詳細


賞味期限: 製造より730日

原材料:
・チキンカレー/玉ねぎ、トマト、鶏肉、オリーブ油、ガーリックパウダー、生姜ペースト、昆布、香辛料、塩、調味料(アミノ酸等)

セット内容(内容量):たまご屋さんのチキンカレー(200g)×5個

 

■宅急便60サイズ発送(常温)


1セット(60サイズ)送料でお届けします。

2セット(80サイズ)送料でお届けします。

3セット(80サイズ)送料でお届けします。

 

■お届けまでの時間目安

 
ご入金確認後7営業日で発送予定

 

■熨斗

 
対応不可
 

たつかーむ 関連商品

平飼い有精卵とチキンカレーのセット

平飼い有精卵とチキンカレーのセット

525

3,780円(税込)