2024年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
今日
2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 

トップ > GOODS > 生活雑貨 > 木グラス片口大バブル

木グラス片口大バブル

商品コード : ss-00107
製造元 : 淳工房
価格 : 12,100円(税込)
393
ポイント : 46
数量
 
ギフト

発送方法、同一商品同梱可能数はページ下部記載の通りです。送料詳細はご利用ガイドを参照ください。

年末年始休業前最終受付 2023年12月22日(金)
年末年始休業      2023年12月29日(金)〜2024年1月8日(月)
2024年1月9日(火)より通常営業となります。
休業中のお問い合わせにつきましては、1月9日以降に回答します。
どうぞよろしくお願いいたします。



■北国を感じるガラスの酒器


「軒先にぶら下がるつららを砕いてボウルに入れ、ガラスの器をそこに挿して濃い酒を注ぎ込むんです。そんな北国の暮らしを感じてもらいたくて」とは、淳工房代表の菅井淳介さん。旭川で生まれ育ち、ガラス工房を立ち上げてからはすでに30年になります。

北国らしいモチーフや素材の組み合わせを模索し続けている菅井さん。中でも「木glassシリーズ」は、淳工房の代表作シリーズです。
 



■つららを連想させる三角錐の酒器




写真上/ゆったりと漂うような曲線を描いた片口は、しっくりと手になじみ、注ぎやすい形です。

グラスも木glassシリーズで(別ページで紹介)。つららを連想させる三角錐のグラスは、そのままでは自立することができません。手で持つか、付属の台に置くかの二択。穴の開いた台座を異素材の木にしたのは、すべての酒の原料となる植物をイメージしてのこと。家族や仲間と語らいながら、ゆっくりとお酒の時間を楽しんでもらいたいとの菅井さんの思いが込められています。
 


■作り手 淳工房(旭川市)

 

菅井淳介さん。1986年に旭川市嵐山に工房を設立しました。

 
旭川市嵐山。背の高い木々の合間に隠れるようにして建つ、真っ白な外壁の淳工房には、冬の雪景色がよく似合います。「他の人がやりそうにないことをしたいよね」。菅井淳介さん1986年旭川市嵐山に淳工房を設立。2012年からは海外での販売も開始。

ガラスという枠にとらわれず、異素材・異業種とのコラボレーションを試みながら創作活動を行っています。どの作品にも根底にあるのは、北国に流れるゆっくりとした時間です。




 

■商品詳細

 
商品素材:ガラス(無鉛クリスタル)、台座(エンジュ)

商品サイズ:高さ約15(台座含む)×口径約14cm

容量:250cc

備考:
※手づくり品のため、写真とは若干異なる場合があります。
※お届けまでに時間をいただく場合があります。
※受注生産です。不良品以外の返品はできません。

 

■宅急便80サイズ発送(常温)


※2点まで同一の送料でお届けします。
※本商品1個と、別ページで紹介している木グラス小バブル5個まで同梱可能です。
 例 ≪片口大バブル1個 + 小バブル2個≫のセットを同梱して一箱で発送
 
 

■お届けまでの時間目安

 
ご入金確認後12営業日で発送予定 
※在庫がない場合は時間をいただくことがあります。
 
 

■熨斗

 
対応不可
 

淳工房 関連商品

木グラス小バブル

木グラス小バブル

393

3,740円(税込)