カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

まぶりっと(えりも町)

安全で健康な短角牛を届けたい

「最近牛舎から放牧したばかりの牛たちのうれしそうな様子を見ていると、こちらまでうれしくなる」と高橋夫妻。2人にとって、放牧こそが春の訪れなのです。

風のまち、えりも町で育つ健康な短角牛

高橋牧場を切り盛りするのは、高橋祐之さん、秀子さんと、息子夫婦の基弘さん、茜さんです。海から運ばれるミネラルをたっぷり含んだ風を浴びて健康に育つ短角牛を家族で生産しています。脂の乗った牛のブームが起こると共に、赤みが自慢の牛を育てる生産者は減少。飼育頭数が2万頭を切ったと言われる希少な存在となった短角牛。高橋牧場ではそのうち約300頭を放牧で育てています。

短角牛が語り継がれる場所を作る

「民話の語りべ」を意味する言葉になっている「まぶりっと」。牧柵のない林間に放
牧した牛を管理する人を、東北地方で「まぶりっと」と呼んでいた時代があったそうです。短角牛のことを知ってもらう語りべとして、高橋夫妻は牧場経営だけではない多角的な取り組みをしています。まずは、ゆったりと短角牛の奥深さを牧場の近くで味わってもらえるレストランや民宿。これらの場所を「まぶりっと」と呼び、短角牛を味わいに来た人たちと、生産者である高橋さんたちが交流する場所としています。今では毎年ここを訪れるファンもいるそうです。

安心安全なお肉を届けたい一心で

まぶりっとの短角牛には、遺伝子組み換えの餌は不使用。収穫後の農薬散布がされていない餌と牧草地の草のみで安全に育てられています。全体で175ヘクタールの敷地のなかで、「生き物らしく」のびのびと育つ牛たちを見ていれば、高橋夫妻の牛に対する愛情が伝わってくるようです。

 

商品一覧

まぶりっとのスロウオリジナル日々の食卓セット

冷蔵庫にあるとずいぶん助かる

まぶりっとのスロウオリジナル日々の食卓セット

3,234円

まぶりっとのスロウオリジナル短角牛の焼き肉セット

北海道の夏は、焼肉でしょ

まぶりっとのスロウオリジナル短角牛の焼き肉セット

5,286円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト