カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

Carino Karin(深川市)

自然の美しさを手縫いで表現

白く染まる季節の美しさを愛でながらも、やがて来る春を待ち遠しくも感じる。Carino Karinの辻本果林さんは、繊細な感情を一針ひとはり丁寧に刺繍していきます。

アイデアの源は、すぐそばの自然から

Carino Karinの辻本果林さんは、真冬の一時期を除いては深川の森の中で家族と一緒に暮らしています。そんな彼女のアイデアの源となるのは、すぐそばにある自然の営みです。窓の外の小鳥の囀り、季節の移り変わりとともに変わる葉の色。そういった身近な自然の美しさを、一針ずつ丁寧に刺繍に込めています。儚げで繊細な作品から感じられるあふれるような優しさはきっと、作り手である果林さんの心の裡を現していると言っても良いでしょう。

控えめに、そっとそばにいてくれる

果林さんが作るブローチは、決してその存在を強く主張するものではありません。どちらかと言えば控えめに、そっと全体を引き立ててくれるタイプです。ブローチの色味も落ち着いた白やグレーがベースだから、着る服を選ばずにいつもそばにいてくれます。

商品一覧

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト