カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

北海紙工社(石狩市)

紙工技術を北海道から世界へ

北海紙工社の営業担当として、オリジナルブランド「ほっかいしこう社」を立ち上げ、自社の広報やブランディングを手掛ける。

紙工技術で有名な北海紙工社

1931年、札幌市の中心部でスタートした北海紙工社。当時から今日まで、お菓子のパッケージとして利用される、貼箱や化粧箱をメインに製造しています。加工の種類は、任意の形に紙を切り抜く「打ち抜き」、厚手の紙に印刷する「厚物印刷」、熱と圧力で箔を紙に転写する「箔押し」、紙と紙や、紙と段ボールを貼り合わせて強度を増す「合紙」など。中でも北海道ではいち早く、打ち抜きの加工ができる機械を導入した会社として知られていました。

紙工の技術を、北海道から世界へ

石狩市の小さな印刷工場、北海紙工社の自社ブランド「ほっかいしこう社」。紙を貼ったり打ち抜いたりする加工技術「紙工」を活かした商品を作っています。印刷の過程において、どうしても終盤の工程になる紙工。下請けの仕事だけでなく、自信を持って発表できるものを作りたい。「北海紙工社オリジナルの製品が作れないだろうか」。そんなきっかけから、自社ブランドが誕生しました。

 

商品一覧

夏のポストカードセット

北海紙工社

夏のポストカードセット

1,950円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト