カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

Waft product(帯広市)

好きなこと、を突き詰めて

それぞれに特徴ある味わいの、エフェメラルシリーズ。ラベルには、スプリング・エフェメラル(春の森でいっせに花咲く植物たちの様子)と身近な動物をあしらいました。

最後には、自分が”いい”と思ったものを選びたい

北海道の初春の美しさを象徴するコーヒー、エフェメラルシリーズ。企画したのは飯嶋太朗(もとあき)さん。生まれも育ちも十勝で、もちろんスプリング・エフェメラルを幾度も目にしたことがあります。「北海道の春って気持ち良くていいな。コーヒーも、飲むと気分が落ち着いて、心地良くなれるな」。そんな連想から、この名前を付けたと話します。

料理やお菓子作りが好きで、パティシエを夢見ていた高校生時代。次第に食そのものに興味を抱き、農産物についても学びたいと考えるようになりました。大学・大学院では植物共生細菌の農業への活用をテーマに研究。修了後、やはりお菓子に携わりたいと千歳に本社を置く菓子メーカーへ就職します。そこで商品企画に携わったことが転機となりました。

仕事にやりがいを感じつつも、「やっぱり作り手でいたい。自分の手を動かして何かを生み出したい」と感じた飯嶋さん。次に飛び込んだのはフレンチの世界。レストランで働きながら、もうひとつのやりたいこと、「個人での商品開発」に向かって行動を開始します。「自分の“好き”を形にして世に出したい」。前職での経験から、そんな思いを強くした飯嶋さん。ワフトプロダクトという名前はまだないままに、コーヒーの商品開発に着手しました。

前職時代、お菓子の素材としてコーヒーを扱う機会は多くありました。また、「札幌のコーヒーといえば 、“深煎りでコクのあるコーヒー”とおっしゃる方が多く、札幌には地域を象徴するコーヒー文化ができていると感じました」。ならば、自身の出身地である十勝(道東)を象徴するようなコーヒーがあったら面白いのではないかと考えを深めていきました。

思うままにわが道を進んでいるようにも見える飯嶋さんですが、決して迷いがないわけではありません。「いつも不安です。これでいいのかなって、いろんな人に聞いちゃう。けど、最後はやっぱり自分がいいと思ったものを選びたい」。何げなく発された言葉に、はっとしました。周囲の意見に耳を傾けながらも、決めるのは自分。誰かに、社会に、環境に、何かに、責任を求めないこと。コーヒーの味わいにも通じる、飯嶋さんの軽やかな哲学です。

商品一覧

道東限定コーヒー エフェメラル

Waft product

道東限定コーヒー エフェメラル

1,080円

道東限定コーヒー エフェメラル ハッピーメランコリー

Waft product

道東限定コーヒー エフェメラル ハッピーメランコリー

2,700円

道東限定コーヒー エフェメラル 十勝限定ver.フォー スイーツ

Waft product

道東限定コーヒー エフェメラル 十勝限定ver.フォー スイーツ

1,296円

道東限定コーヒー エフェメラル 十勝限定ver.フォー スイーツ(瓶)

Waft product

道東限定コーヒー エフェメラル 十勝限定ver.フォー スイーツ(瓶)

2,160円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト