カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

さばいでぃ農園(滝上町)

無農薬での和はっか栽培

夏が終わると収穫。手で刈り取り、「山だて」にして畑で2週間ほど乾燥させます。

滝上町の山麓で続く、和はっか栽培

道北、滝上町の「さばいでぃ農園」。無農薬での和はっか栽培を続け、和はっか関連商品も作っています。帯広から車でおよそ3時間。滝西地区から林道に入り、さらにおよそ4キロ。山麓に広がるおとぎの国を思わせるその場所は、ひっそりと清浄な空気に包まれていました。ひんやりと頬をなでながら通り過ぎる風。その優しさを受け取ることで、改めて、道北の森の中にいることを実感できるのでした。

迎えてくれたのは藤村利史さんです。数年前に友人たちと建てたという作業小屋に案内してくれました。ガラス戸越しにずっと向こうまで、和はっか畑を見渡すことができます。

山あいの畑を耕し、藤村さんが栽培してきたのは和はっかです。戦後、安価な輸入品に押されるなどして、北海道では和はっか栽培農家がすっかり減ってしまいました。和はっか栽培を絶やすことなく、少数の農家の手でここまで栽培を続けてきた唯一の地区、それが滝上町なのです。「滝上町で作り続けてきた和はっかを栽培することで、滝上地区に、恩返しのようなことができれば…」。移住者として滝上で暮らし始めて、すでに20年近くになる藤村さん。長年、農作業の手伝いをするなどしながら暮らしてきましたが、いつしか地区の人たちに受け入れられ、晴れて正式に農業者として土地を借りることができたのだそうです。

元は牧草地だった土地に手を入れ始めて、すでに5年(2020年現在)。「ずっと、不作続き」。でも、農作物を作るのに、決して適しているとは言えないこの土地に、人並み外れた愛着を感じている藤村さんです。収量が多いとは言えない畑からの和はっかを収穫しては、和はっかのオイルを抽出することで、「和はっか」という商品名で、加工品を生産しています。

商品一覧

和はっかオイル

さばいでぃ農園

和はっかオイル

1,980円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト