カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

コヅツミ(千歳市)

革でできた、繊細な花々

作り手の、松田志津香さん。千歳市内で家族と暮らしながら、10年以上、作品づくりをしてきました。

白い革を、立体的な花に

コヅツミの松田志津香さんが作るのは、画用紙ほどの薄さの白い革を使った、立体的な花。菜の花、シロツメクサ、ビオラ、マー菜の花、シロツメクサ、ビオラ、マーガレット、クローバー…。ブローチのモチーフに親しみやすい花が多いのは、松田さん自身が、身近にある「派手ではない」花が好きだから。あまりデフォルメはせず、色や形はできる限り本物に近く。もしくは本物のイメージを崩さないようなデザインを心がけているそうです。

花が大好きな気持ちを、革に乗せて

子どもの頃は「よく花を摘んで、蜜を舐めていました」。その後両親と共に北海道で暮らすようになり、結婚。ますます花好きになっていた松田さんは、花屋で働く夢を持ち、フラワーコーディネーターの資格を取得します。さまざまな花を組み合わせ、空間に合ったアレンジメントを作る資格。植物の知識や色彩感覚、花言葉なども学びます。結局、機会に恵まれず花屋に勤めることは叶いませんでしたが、こうして今、別の形で花を表現するようになったのです。

商品一覧

コヅツミのビオラの革製ブローチ

かしこまったファッションにも

コヅツミのビオラの革製ブローチ

2,500円

コヅツミのシロツメクサの革製ブローチ

花冠遊びを思い出す

コヅツミのシロツメクサの革製ブローチ

2,500円

コヅツミのマーガレットの革製ブローチ

真っ白なマーガレットのリース

コヅツミのマーガレットの革製ブローチ

2,000円

コヅツミのクローバーの革製ブローチ

四つ葉のクローバーを見つけて

コヅツミのクローバーの革製ブローチ

2,000円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト