カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

ファームあるむ(士別市)

鶏を健康に育てることに、最大限の力を注ぐ

﨑原元貴さん、敬子さん夫妻。シフォンケーキなどの加工品作りにも力を入れています。

日本の食料問題を考えて選んだ、養鶏農家の道

道北・士別市のファームあるむは、本州から移住を果たした﨑原元貴さん、敬子さん夫妻が、2012年に始めた養鶏場。きっかけになったのは、ある人から聞いた日本の食料自給率や食品廃棄問題のこと。「自分や家族、環境や周囲の人のために、これからの生き方は農業だ」。小さくても、地域に根差した循環型農業をやりたいと考えて、選んだ仕事が養鶏でした。

現代日本において、卵は珍しい食品ではありません。しかし、ひと昔前は1個100円ほどで取り引きされる高級品だったのだそう。雛は茶の間で大切に育て、大人になったら庭先での放し飼いがあたりまえの時代がありました。品種改良や小さなケージで運動量を制限する飼育方法、システムの効率化の恩恵を受けて、気軽に卵を購入できるようになった今。その善し悪しを単純に論じることはできないけれど、「一生懸命卵を産んでくれる鶏がいる」ということを、忘れずにいたいものです。

鶏を観察するなかで、わかってきたこと

あるむで平飼いされるのは、黒に近い褐色の羽に赤い鶏冠の、ネラという卵肉兼用品種です。平飼いが難しいのは、ひとつに鶏どうしの突き合いの問題があります。あるむでもそれは大きな課題でした。長く鶏を観察しているうちに、元貴さんはその原因をたんぱく質不足に見出します。卵を産むために消耗したエネルギーを補おうとする本能的な行動なのではないかと推測したのです。狙い通り、煮た大豆を多めに与えるようになってから、突き合いは大幅に減少。鶏たちはツヤツヤとして健康的です。「ちょっとしたことで、鶏の行動や卵の質に影響が出る」と元貴さん。些細な手間を惜しまず、真摯に積み重ねる姿がありました。

商品一覧

ファームあるむの昔ながらの庭先たまご 20個

健康な卵はおいしい

ファームあるむの昔ながらの庭先たまご 20個

1,800円

ファームあるむの昔ながらの庭先たまごとスモークチキンセット ※お届けまでに時間をいただく場合があります。

健康に育つ鶏を丸ごと味わう

ファームあるむの昔ながらの庭先たまごとスモークチキンセット ※お届けまでに時間をいただく場合があります。

4,000円

ファームあるむのスモークチキン ※お届けまでに時間をいただく場合があります。

自然なうま味を凝縮

ファームあるむのスモークチキン ※お届けまでに時間をいただく場合があります。

3,300円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト