カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

河本農場(津別町)

仲間と共に津別を発信

純吾さんは唐辛子の収穫期を迎えると、妻の玲奈さんと共に、成熟具合をひとつずつ確かめながら収穫作業にあたります。

地域の仲間と津別町を発信したい

河本農場の河本純吾さんは、地域の農畜産業・飲食店後継者からなる若者たちのグループ「つべつべGROW」の一員です。「何か面白いことをやりたい。津別町の魅力をもっともっと発信したい」。そんな真っ直ぐな情熱を持ち集まったメンバーが話合う中で、「ラーメンに合う唐辛子があったらいいよね」と大盛り上がり。さっそく農業を営むメンバーの畑で唐辛子の栽培をスタートしたのです。

おいしい唐辛子は、手作業から 

2016年からは、河本純吾さんが唐辛子の栽培と商品の生産を引き継ぎました。収穫期になると、成熟具合をひ
とつずつ確かめながら収穫作業にあたります。乾燥させ、ミキサーで細かく砕いて瓶詰。最適な乾燥温度や時間、砕くときの粒子の大きさなど、試行錯誤の中で積み重ねてきたデータを元にすべて手作業で行っています。

商品一覧

河本農場の朱乃一振

辛くてうまい,一味唐辛子

河本農場の朱乃一振

980円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト