カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

蝦名漁業部(羽幌町)

漁師の未来を照らす光に

蝦名漁業部専務取締役の蝦名桃子さん。自らが2児の母であり、保存料や着色料は一切使用しないことを掲げています。

羽幌を代表する味覚、甘えび

 3代目船長、蝦名弥(わたる)さんが率いる、甘えび専門の漁船、高砂丸(たかさごまる)。真っ暗の海を、一筋の光を灯して帰港してきました。「武蔵堆」と呼ばれる餌が豊富で最高級の甘えびが獲れる漁場に辿り着くまでに、なんと6時間半もかかるそうです。漁を終えれば、帰路にかかるのも6時間半。帰港後も気を緩ませることなく無言でキビキビと作業にあたる漁師たちの姿に、尊敬の気持ちが湧き出てきて止まりません。

若い漁師に明るい未来を見せたくて

 そのハードな仕事内容は、後継者不足に拍車をかけているそうです。蝦名さんの妻である桃子さんは、漁師をとりまく現状と、漁の過酷さのどちらも見てきました。「若い漁師に漁業の明るい未来を見せたい」との思いを抱くようになり、その思いをきっかけに始めたのが、高砂丸の甘えびを使った商品開発です。

羽幌町に直営店舗があります

 工場直営の「甘えびファクトリー」がオープンしてから1年と少し。今では地元民をはじめ、遠方からのリピーターも増えつつあるそう。若手漁師を連れてイベントに出店した時の話を、「楽しそうに販売していたあの笑顔が忘れられない」と、感慨深そうに語る桃子さん。蝦名漁業部の取り組みは、確実に少しずつ、暗闇の海から現れたあの夜の高砂丸のように、未来を明るく照らし始めています。

商品一覧

蝦名漁業部の甘えびお楽しみセット

しっかり感じる甘えびのうま味

蝦名漁業部の甘えびお楽しみセット

3,240円

蝦名漁業部の漁師の味おためしセット

プリッと採れたて新鮮な甘えび

蝦名漁業部の漁師の味おためしセット

3,240円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト