Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sogo-server/www/slow/slow/wp-includes/post-template.php on line 284
昆布漁師 白幡 定 さん - 【スロウなお買い物】北海道の食・雑貨・雑誌のセレクトショップ

カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

昆布漁師 白幡 定 さん(広尾町)

地元の特産物に自信

冷たい川の水で冷やす。生活の知恵です。

地元の特産物を発信

昆布漁師として2代目の白幡さんは、地元の特産物を「自らの手で発信したい」と、パッケージのデザインからPR活動まで手がけます。帯広、千歳空港、東京のどさんこプラザなどでPR活動を始め、少しずつ広尾昆布の名が広まってきました。うま味の強いだしが出るほか、肉厚だけど煮ると軟らかくなるため昆布巻きにも適しています。昆布のほか、広尾町では天然のししゃもも獲れます。広尾で水揚げされたししゃもが他の土地で加工されて流通されます。広尾町は、カニ、ししゃも、鮭、ホッキ貝などいろいろな魚介類が獲れます。それは、海流の暖流と寒流がぶつかり合う北側に漁港があり、栄養分が抱負なため、さまざまな魚介類にも恵まれている漁港なのです。高級な海産物が多い広尾町。

もう一度いただきたい!お母さんのおにぎり

「飲み物、川で冷やしてあるから好きなの飲んでね」。飲み物は網に入れ、川で冷やす天然の冷蔵庫。「おにぎりもどうぞ」と勧められた白幡さんの奥さんがにぎったおにぎり。アルミ箔に包まれたおにぎりは、ふわっと程よく握られていて塩梅が抜群。共に作業をする方々への愛情がこもっています。おかずやお菓子も用意されていて「運動会みたい」とは弊社のカメラマン。昆布漁の日は朝早くから、白幡さんと共に起き、白幡さんは漁へ奥さんは作業員の方々の食事の用意をします。昆布のひと干し目が終わったら談笑しながらの休憩。その後、石に昆布が付かないように干し位置をずらしていく作業が続きます。

頭は最上級

昆布の頭(かしら)は、希少なため1等昆布のより等級が上。色艶によって1等、2等お土産用など等級別に選別されていく昆布ですが、ふわふわと海中でなびく先端が等級がもっとも良いとのこと。

広尾産昆布はこちら

昆布レシピはこちら

商品一覧

広尾旬鮮便 広尾昆布の詰め合わせ

天然素材からのうま味

広尾旬鮮便 広尾昆布の詰め合わせ

3,500円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト