カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

2020 2月

片山
Warning: Use of undefined constant first_name - assumed 'first_name' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sogo-server/www/slow/slow/wp-content/themes/slow/archive.php on line 28

「古民家好き、でも寒いのは嫌!」な人へ。byスロウ62号

スロウ62号のテーマは、「森に教わる、未来の暮らし」

2020/02/25に発行になったnorthern style スロウ vol.62。巻頭特集のテーマは「森に教わる、未来の暮らし」です。道産素材で叶える家づくりを進める企業や、森を育てる製材会社など、北海道の森から始まって徐々に私たちの暮らしが創り上げられていくまでを取材しました。

「北海道の自然の恵みとともに、素敵な暮らしがしたいな~」という人にぜひ読んでいただきたい特集になっています。そこで、私わかめが取材した中から、特に心に残ったエピソードをご紹介します!

「古民家好き、でも寒いのは嫌!」

かくいう私、北海道の古民家に興味があります。全道各地を取材する中で、素敵な古民家をリノベーションして暮らしている方々に出会うからです。広い土間があったり、畳の部屋があったり、むき出しの梁が太い丸太そのものだったり…。家自体は田舎のおばあちゃん家のようなのに、そこにシンプルな北欧風家具があったり、ヒンメリが下がっていたりと、上手に現代風のセンスが組み合わされているのにも心惹かれます。

「あぁ、こんな暮らしがしたい!」

でもそんな私のブレーキを踏むのは、「でもこの家ってめっちゃ寒いんじゃない…?」問題。縁側や土間、引き戸は見た目こそ素敵ですが、北海道の冬を想像するとちょっと尻込みしてしまいます。戸が凍り付いてしまうのでは?暖房費だって、きっとバカにならないはず。家族みんなが納得して快適に過ごせるだろうか…。

古材×省エネ住宅で理想の家が出来るかも

そこで、今回62号の取材で私がひそかに楽しみにしていたのが、三笠市と岩見沢市に拠点を持つ、武部建設株式会社
スロウ26号のときにも詳しく取材しています。武部建設では、「古民家を移築再生させる技術」を持つ大工を育成しています。古い建物をそのまま、もしくは減築するなどして別の場所に建て直すのです。すごいですね。

厚真町のパン屋「此方」も、古民家を移築再生した事例。スロウ61号に掲載しました。

  そんな武部さん曰く、
「北海道の住宅で一番求められるのは、暖かい、ということ」。

本当は100年以上もつ材が使われているのに、20-30年で人が住まなくなり、放置され朽ちていく。そんな古民家を救うためには、「人が住みたいと思える家」として再生させる必要があるのです。そこで武部さんが提案してくれるのは「古材×最新の省エネ住宅」。北海道でかつてたくさん自生していた広葉樹などの古材を使って、見た目は重厚で味わい深いのに、最新の断熱性能や省エネ性能を備えた住宅をつくる。
もちろん、「100年もつ」耐久性のある家を。

これ、すっごく魅力的じゃないですか??

特に私のような「古民家や古道具は好きだし、地元の素材も使いたいけど、寒いのもコストがかかるのもちょっと…」というわがままなタイプにとっては…。そう、いいとこどりの選択肢が存在するのです。

森も育てつつ、古材も活用しつつ

詳細はスロウ62号を読んでいただきたいのですが、武部さんは社有林で木を育てつつ、間伐材を家の材として使うという活動もしています。「古材ギャラリー」に保管されている古材や、自社の森から伐り出した木を使って、地域の資源を循環させているのです。さらには、古材や間伐材をきちんと「生かせる」技術を持った職人の育成にも力を入れています(なんと大工さんは全員「社員採用」!)。

大工は全員”社員”。20代も多数。さまざまな木を扱う技術を継承します。

限りある資源を長く大切に使っていくこと、育てていくこと、それらを扱う知識や技術を繋いでいくこと。そして、理念や能書きだけではなく、使い手が「本当に欲しい」と思える商品として提案すること。
ほんとうの持続可能って、こういうことかもしれないな~と、しんみり感じた取材でした。

暮らしに無理なく、心地良い選択をしたい

スロウのテーマ全体に言えることですが、私たちは、暮らしを心地良いものにしたいと思っています。それは手間をかけないとか、楽をしたいというのとは少し違います。自分や周囲を居心地良くするための「手間」をきちんとかけながら、しかし決して無理をしすぎず、自分の頭で考えながら一つひとつ選択していきたいのです。

自分たちの選択一つひとつが、自身の暮らしだけでなく、周囲の人の暮らし・仕事、企業としての在り方、そして地球環境へ至るはるか上流へと確かに繋がっている。
スロウ62号の取材を通して、改めてそんなことを感じたのでした。

武部建設の社有林と、武部社長。ファーの帽子が似合っててカッコイイ!

私個人としては、いつか武部さんにプライベートで家づくりの相談に行きたいと思っているところです。
いつか本当に「古材×省エネ住宅」を建てたら、スロウに掲載してもらえるかな?
まずはもう少し、情報収集しまーす!

武部建設株式会社⇒https://www.tkb2000.co.jp/
northern styleスロウ vol.62⇒https://www.n-slow.com/books/books-13789

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト