カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

2019 4月

飯嶋
Warning: Use of undefined constant first_name - assumed 'first_name' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sogo-server/www/slow/slow/wp-content/themes/slow/archive.php on line 28
諒子

「標津町」でツアー作りはじめました。(3/3)

前回までの様子はこちらをチェック↓
「標津町」でツアー作りはじめました。(2/3)

Slow Travel HOKKAIDOのコメです。
道東の標津町を舞台にしたツアー作りの様子をお届けする、ツアーレポの第三弾。

酪農家の暮らしに触れる

漁業と並び、標津町を代表する第一次産業が酪農業です。
普段なかなか見る機会のない酪農家の仕事や暮らしを体験しに、標津町内の熊谷牧場へ。牧場体験をしながら、こちらで1泊お世話になります。

訪れたのは夕方。ちょうど搾乳や哺乳といった仕事がはじまる時間です。
到着して挨拶も早々に、さっそく牛舎へ。酪農家の必須アイテム・ツナギや長靴をお借りして、牛の世話を体験しました。

ミルク瓶を引っ張る仔牛の力の強いこと・・・!
親牛に比べるととても小さい身体で、足も胴体も細いですが、動物としての力強さを感じます。

哺乳体験の後には、夕方の搾乳作業を見せていただきました。一度に16頭の牛の搾乳をしている様子は圧巻。
まるで流れるように、さささっと手早く搾乳作業が進んでいきます。

搾乳方法を手取り足取り教えてもらい、モニターツアー参加者も少しお手伝い。「牛の乳房は4本だったのか・・・」「思ったよりも、ずっと大きい」。普段は放牧地にいる姿を遠くから眺めているだけですが、いざ近くでまじまじと見てみると、新しい発見の連続です。

男が搾乳している最中に、女たちは自宅では熊谷さんの奥さんと一緒に、晩ごはん作り。

牛乳豆腐といった酪農家ならではの料理から、飯寿司といった北国の料理、煮物や和え物まで。日常の食卓風景からも、北国らしさが垣間見えます。

家族と一緒に晩ごはんをいただいて、温かい夜を過ごしました。

農家の母さんたちと、チーズ作り

熊谷牧場で酪農体験をした後は、牛乳を使った手作りチーズ体験へ。
指導してくださるのは、JA標津の女性部の方々です。

今回作るのは、モッツァレラチーズです。

カードを切って、熱湯の中へ。もわもわと湯気が立ち込めます。
木べらで捏ねていくと、溶けたカードが段々とまとまってきました。

いよいよ成形作業。というところで、目の前に成形セットが並べられます。
今回作ったのは、丸い形のモッツァレラと、さけるチーズのストリングス。ストリングスは、柔らかいカードを伸ばして合わせて、という作業を何度も繰り返します。

はじめてでも大丈夫!
不安な表情を感じ取って、農家のかあさん達が優しくアドバイスしてくださいます。

チーズを成形する横では、できたてのチーズを使った料理を、かあさんたちがぞくぞくと用意してくださっています。

チーズ入り芋餅、ジャガイモで生地を作った餅ピザ。
おもわず手を伸ばしてしまいそうで、とってもおいしそう・・・

手作りモッツァレラチーズのカプレーゼや、手作りの蕗の煮物や漬物も加わり、酪農家のかあさんたちと作った昼食の完成です。

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト