カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

いろいろ

鈴木周作さんの絵本「くるまはこびます」が面白い!

こんにちは。帯広はここ数日ぐっと冷え込んで、雪が降ったり氷が張ったりしています。いよいよ冬だ~。車はばっちり冬タイヤに換えました!

雑誌スロウで連載中、「鈴木周作のさっぽろ市電日記」の著者、鈴木周作さんの絵本が2020年11月5日に福音館書店から発行されました。7年前、「ちいさなかがくのとも」として出版され、このたびハードカバーでの登場となったそう。鈴木さんならではの優しい色鉛筆のタッチで、キャリアカーと運転手の方たちの仕事ぶりが表現されています。

キャリアカーと運転手さんが大活躍 「くるまはこびます」

「シャララーン シャララーン、シャン シャン シャン。くるまはこびますよー。」 荷台を揺らしてキャリアカーがやってきました。荷台にたくさんの車をのせて、目的地 まで運ぶのがキャリアカーの仕事です。中古車センターにやってきたキャリアカーは、 古い車を積みこんで、街の車屋さんまで運びます。車を積むのは運転手のおじさんのお 仕事。巧みなスイッチ操作で荷台の高さや角度を変えながら、一台ずつ丁寧に車を積み こんでいきます。上段に3台積んだら、車ごと荷台を持ち上げるスイッチを押し、今度 は下段に3台積みます。合わせて6台もの車を積んだキャリアカーは、いざ街に向けて 出発です。 子どもたちはもちろん大人もつい目がいくキャリアカーですが、この絵本は、車体はも ちろん、運転手さんも主役です。

月刊絵本「ちいさなかがくのとも」の 2013年11月号 として刊行した当時、「キャリアカーが大好きな孫が喜んだ」「大人も知らないことが あって楽しめた」という声が寄せられました。 絵を担当した鈴木周作さんは、札幌市在住で主に駅や乗り物を描く画家です。ファーバ ーカステル社の水彩色鉛筆 12 色のみを使って、スイッチ1つに至るまで丹念に描かれ た味のある車の絵が子どもたちの心をとらえます。また、 リズミカルで勢いのある文は、「わにわに」の絵本シリーズでも人気の作家、小風さち さんによるもので、読み聞かせにも最適です。シャララーンという擬音語は、車両を固 定した後の固定具のアソビを表現しているそうです。

ご購入はお近くの書店、または福音館書店へお問い合わせください。

「古民家好き、でも寒いのは嫌!」な人へ。byスロウ62号

スロウ62号のテーマは、「森に教わる、未来の暮らし」

2020/02/25に発行になったnorthern style スロウ vol.62。巻頭特集のテーマは「森に教わる、未来の暮らし」です。道産素材で叶える家づくりを進める企業や、森を育てる製材会社など、北海道の森から始まって徐々に私たちの暮らしが創り上げられていくまでを取材しました。

「北海道の自然の恵みとともに、素敵な暮らしがしたいな~」という人にぜひ読んでいただきたい特集になっています。そこで、私わかめが取材した中から、特に心に残ったエピソードをご紹介します!

「古民家好き、でも寒いのは嫌!」

かくいう私、北海道の古民家に興味があります。全道各地を取材する中で、素敵な古民家をリノベーションして暮らしている方々に出会うからです。広い土間があったり、畳の部屋があったり、むき出しの梁が太い丸太そのものだったり…。家自体は田舎のおばあちゃん家のようなのに、そこにシンプルな北欧風家具があったり、ヒンメリが下がっていたりと、上手に現代風のセンスが組み合わされているのにも心惹かれます。

「あぁ、こんな暮らしがしたい!」

でもそんな私のブレーキを踏むのは、「でもこの家ってめっちゃ寒いんじゃない…?」問題。縁側や土間、引き戸は見た目こそ素敵ですが、北海道の冬を想像するとちょっと尻込みしてしまいます。戸が凍り付いてしまうのでは?暖房費だって、きっとバカにならないはず。家族みんなが納得して快適に過ごせるだろうか…。

古材×省エネ住宅で理想の家が出来るかも

そこで、今回62号の取材で私がひそかに楽しみにしていたのが、三笠市と岩見沢市に拠点を持つ、武部建設株式会社
スロウ26号のときにも詳しく取材しています。武部建設では、「古民家を移築再生させる技術」を持つ大工を育成しています。古い建物をそのまま、もしくは減築するなどして別の場所に建て直すのです。すごいですね。

厚真町のパン屋「此方」も、古民家を移築再生した事例。スロウ61号に掲載しました。

  そんな武部さん曰く、
「北海道の住宅で一番求められるのは、暖かい、ということ」。

本当は100年以上もつ材が使われているのに、20-30年で人が住まなくなり、放置され朽ちていく。そんな古民家を救うためには、「人が住みたいと思える家」として再生させる必要があるのです。そこで武部さんが提案してくれるのは「古材×最新の省エネ住宅」。北海道でかつてたくさん自生していた広葉樹などの古材を使って、見た目は重厚で味わい深いのに、最新の断熱性能や省エネ性能を備えた住宅をつくる。
もちろん、「100年もつ」耐久性のある家を。

これ、すっごく魅力的じゃないですか??

特に私のような「古民家や古道具は好きだし、地元の素材も使いたいけど、寒いのもコストがかかるのもちょっと…」というわがままなタイプにとっては…。そう、いいとこどりの選択肢が存在するのです。

森も育てつつ、古材も活用しつつ

詳細はスロウ62号を読んでいただきたいのですが、武部さんは社有林で木を育てつつ、間伐材を家の材として使うという活動もしています。「古材ギャラリー」に保管されている古材や、自社の森から伐り出した木を使って、地域の資源を循環させているのです。さらには、古材や間伐材をきちんと「生かせる」技術を持った職人の育成にも力を入れています(なんと大工さんは全員「社員採用」!)。

大工は全員”社員”。20代も多数。さまざまな木を扱う技術を継承します。

限りある資源を長く大切に使っていくこと、育てていくこと、それらを扱う知識や技術を繋いでいくこと。そして、理念や能書きだけではなく、使い手が「本当に欲しい」と思える商品として提案すること。
ほんとうの持続可能って、こういうことかもしれないな~と、しんみり感じた取材でした。

暮らしに無理なく、心地良い選択をしたい

スロウのテーマ全体に言えることですが、私たちは、暮らしを心地良いものにしたいと思っています。それは手間をかけないとか、楽をしたいというのとは少し違います。自分や周囲を居心地良くするための「手間」をきちんとかけながら、しかし決して無理をしすぎず、自分の頭で考えながら一つひとつ選択していきたいのです。

自分たちの選択一つひとつが、自身の暮らしだけでなく、周囲の人の暮らし・仕事、企業としての在り方、そして地球環境へ至るはるか上流へと確かに繋がっている。
スロウ62号の取材を通して、改めてそんなことを感じたのでした。

武部建設の社有林と、武部社長。ファーの帽子が似合っててカッコイイ!

私個人としては、いつか武部さんにプライベートで家づくりの相談に行きたいと思っているところです。
いつか本当に「古材×省エネ住宅」を建てたら、スロウに掲載してもらえるかな?
まずはもう少し、情報収集しまーす!

武部建設株式会社⇒https://www.tkb2000.co.jp/
northern styleスロウ vol.62⇒https://www.n-slow.com/books/books-13789

北海道の手漉き和紙「富貴紙」を使った写真展が開催

明日から最高気温が10℃も下がる予報が出ている帯広からこんにちは。

写真展開催のご案内をいただきましたので、ご紹介します! 地元釧路市出身在住の写真家・秋元亮太さんが独特の風合いを持つ「富貴紙」を使い、ひがし北海道と釧路市の風景で作品を制作し、写真展を行っています。
ちなみに、「富貴紙」の物語はスロウ52号でも詳しくご紹介しています(^^♪
▶ https://www.n-slow.com/books/books-7175

開催概要ご案内 釧路市音別町産和紙「富貴紙」を使った初めての写真展「富て貴なる紙の世界」

■開催期間:2018年8月1日(水)~8月31日(金)
■開館時間:7時30分~20時30分
■会場:たんちょう釧路空港3階(釧路市鶴丘二番地)
■アクセス:釧路市街地から約20km、阿寒湖温泉街からは約60km
■入場料:無料
■ 展示内容
「富貴紙」という和紙に写真をプリントをした作品展。「富貴紙」とは釧路市音別町でフキの皮を原料として生産している和紙のこと。紙漉きをする際にフキの繊維を残しているので、紙の模様が一枚ずつ変わるのも特徴です。
展示は「釧路風景編」と「道東風景編」の二部構成からなります。
■お問い合わせ先
○作品についてのお問い合わせ先:すむれら写真事務所
 090-1304-3400 mail@ezo-photo.info
○会場についてのお問い合わせ先:たんちょう釧路空港 0154-57-8304
○秋元亮太ホームページ:www.ezo-photo,info/
○たんちょう釧路空港ホームページ:www.kushiro-airport.co.jp/

■秋元 亮太(あきもとりょうた)氏 プロフィール
北海道釧路市生まれ
札幌市内のカメラ店に勤務をした際に写真とカメラの基礎知識を身につける。
2001年、離職を機にフリーの写真家となる。
2007年から故郷の釧路に活動の場を移し、道東を中心とした作品作りに専心する。
[写真展及び活動]
2005年 個展「Kamuy-Ruwe ~御神渡り~」・札幌市、個展「釧路湿原の四季」・釧路町
2006年 Myカメラアングル写真展出展・東川町
2007年 グループ展「ウォール・ギャラリー2」・東川町
2008年 個展「Ota・Oru・Nai」・小樽市、グループ展「ウォール・ギャラリー3」・東川町
2009年 グループ展「ウォール・ギャラリー4」・東川町
2010年 キヤノンカレンダー採用、キヤノンカレンダー作家展「Lightscape ~光彩の季(とき)~」・全国キヤノンギャラリー、「ピリカ モシリ」・キヤノンオープンギャラリー
2016年 釧路市立博物館 特別展:私の博物館 写真展「春採湖歳時記」・釧路市
2013年からオリジナルカレンダーを毎年作成
2017年からAmazon Kindle本にて電子書籍を出版
道新文化センター デジタルカメラ講師

「彩の風」ギャラリー展にお邪魔してきました

安藤靖子さん、革とステンドグラスのものづくり

安藤靖子さんといえば、本誌37号に登場して以来、クナウマガジンの本ではたびたびお世話になっている方。訪れるたび、とびっきりの笑顔で迎えてくれる、とっても素敵な女性です。革とステンドグラスの作家として、日々創作活動に勤しんでいる靖子さん。その原点は家族との時間にあるようです。「私は今でも、お母さんなのよ」と話す靖子さんは、2人の息子を持つ母であり、2人の孫を持つおばあちゃん。2017年で77歳を迎えられたとは思えない、きらりと輝く姿には、「こんな風に年を重ねたいな」と憧れてしまいます。

▶靖子さんの物語は、こちらでも紹介しています。
スロウ37号
スロウな旅北海道

毎年初夏から秋にかけて開かれる、ギャラリー

毎年6月中旬から9月下旬の日曜日、靖子さんの自宅の横にあるギャラリーがオープンします。毎年テーマを変えて、靖子さんが一つひとつ手づくりした作品が並ぶのです。ただ並ぶのではなくて、何かしら「物語」を感じられるディスプレイがこれまた素敵…。2018年のテーマは、「the Wind of happiness」。優しい風を感じる空間は、1日中だってのんびりしたくなります。それからお庭も!白や黄色の淡い色合いの花たちが、季節ごとに可憐な表情を見せてくれます。

2018年ギャラリーオープンの日の写真を少しだけ…。

それから、昨年の夏に行ったときの写真も。

著書「the Wind of happiness Ⅱ」

靖子さんの作品集もあります。作品から伝わってくる、温かな人となり、家族との絆、ものづくりにかける思い。ページをめくりながら、人生のさまざまなことに思いめぐらせる1冊です。ギャラリーでも販売されています。

こちらからも購入できます

驚きの森Laboプレオープンに行ってきました

白糠町・驚きの森より。無農薬ブルーベリーの加工品を、生産現場で味わえるショップがオープン!

スロウにもたびたび登場している、白糠町のブルーベリー農家(ノースベリーランド)、横田さんこれまで、自ら大切に育てたブルーベリーを使った加工品や、森の木々から分けていただく樹液なども商品化してきました。
そんな数々の加工品、これまでは近郊の道の駅などで購入することができたのですが、このたび、横田さんの畑の敷地内にショップがオープンとのこと!!
その名も、「驚きの森Labo」。「見て!触って!味わって!」をテーマに、ブルーベリーのソフトクリームやドリンクなどを販売されるとか。
去る7/1はプレオープンとのことで、お祝いかたがた、遊びに行ってきましたよ(^^♪

お店のデザインは奥さんがして、横田さんとスタッフ数名で手づくりしたのだそう!お祝いにお花をお持ちしたら、窓辺に飾ってくれました。ブルーベリーをイメージしたアレンジは、帯広市内のお花屋さんで。
ビタミンカラーの可愛らしい椅子などは、これまた奥さんのセンスです!

無農薬だから味わえる、素材の魅力

お昼前に行ったのに、すでに完売のメニューも! 

『ミックスベリーデトックスウォーター』を注文したら、横田さんから「さすがの目の付け所ですね!」と。横田さんがノースベリーランドとして育てているブルーベリーは、完全無農薬。だからこそ作れる、デトックスウォーターなのだそうです。

そしてスムージーも、爽やかでおいしかった~(((o(*゚▽゚*)o)))

環境への配慮も忘れずに

上の写真を見て、気づいた人もいるでしょうか? そう、ストローがとっても可愛い!! こちら、プラスチックではなく紙製のストローなのです。最近、プラスチックを大量に呑み込んだクジラが死んでしまったり、ウミガメの鼻にプラスチックストローが刺さってしまったりという悲しいニュースを目にした人もいるかと思います。「ああいうの見ちゃうと、やっぱり何か、できることをしなきゃって」と横田さん。店内には、こんなことが書かれていました。

自分にも、環境にも気持ちよく! ただそれだけのシンプルなことなんだな・・・と、改めて思った次第です。

ショップデータ

驚きの森Laboのグランドオープンと営業時間も忘れず聞いてきましたよ!白糠インターのすぐ近くなので、夏のお出かけ先にもぴったりです。ブルーベリー狩りと合わせて、楽しんでくださいね。
グランドオープン/7月7日
営業期間/7~9月(8月は毎日、7.9月は土日祝日)
営業時間/10:00~15:00

 

スロウ村の仲間たちinさらべつカントリーパーク

お待たせしました!
スロウ村の仲間たち2017の開催場所が決定しました~(´▽`) 
これから順次、イベントページやFBで情報を公開していきますのでチェックしてみてくださいね。

【開催日】2017年10月8(日)・9日(月祝)

【時間】8日 10:00~16:00/9日 10:00~15:00

【場所】さらべつカントリーパーク(北海道河西郡更別村字弘和541-62)
※雨天決行

詳細はイベントページにて➡ https://www.n-slow.com/event

「会員登録」でメルマガを読もう

夏だ―!と叫びたくなる帯広からこんにちは。
連日の30度超えに溶けかかりつつ、取材に原稿作成にもりもり活動中のクナウマガジンです。
あっという間に7月。25日には52号の発売を控え、10月のイベント「スロウ村の仲間たち」開催に向けても動き出しました。
情報は随時、HPなどでお知らせしていきますのでお楽しみに♪

ところでみなさん、編集部から耳よりな情報が届く「メルマガ」配信の登録はお済ませですか?
まだだよーって方は、ぜひ、ページ右上の「新規会員登録」から「メルマガ配信希望」を選択してお申し込みください。
すでに登録されているかたは、「マイページ」より配信設定が可能です。
※携帯のアドレスを登録される際は、n-slow@sgmamg.comからのメールを受信できるよう、設定ください。
新刊案内、季節ごとの通信販売企画のご案内、イベント情報etc.が、こんな感じで届きます↓↓

スロウで贈る・北海道のお中元♪

緑したたる北海道・帯広からこんにちは。今日から週末にかけて、スロウ編集部のある帯広は30度前後の真夏日予報!
すっきりと晴れた青空と、木漏れ日が気持ちの良いこの頃です。

さてさて皆さま、もう「お中元」の準備はお済みですか?
スロウでは雑誌でご紹介した、北海道生まれのさまざまなアイテムを扱っています。
手づくり、無添加、地場産食材etc. 
北海道の味覚をお世話になっているあの人へ。
暑い夏を乗り切る自分へのご褒美に…。
なんて書いていたら、自分が食べたくなってしまいますね(笑)

ほんの一部ですが、Pick up!

あきやまさとこさん 作品展のお知らせ

十勝スロウ3号でご紹介させていただいた、羊毛フェルト作家「あきやまさとこ」さんの展示会が、帯広市内で行われています!
いつもニコニコ。幸せそうな表情で糸を紡ぎ、ニードルフェルトでちくちく作品づくりをするあきやまさん。
作品の一つひとつから、命の鼓動が聞こえてくるかのようです。

開催期間:6/27~7/9
場所:GALLERIA オリザ(帯広市大通り南6丁目14-1/ミントカフェ内)
時間:11:00~20:00(最終日18:00まで)
休館日:月曜
入場料:無料

あきやまさとこさんの物語は、スロウ十勝3号に掲載しています。
人気につき売り切れ状態でしたが、今回特別に、スロウHP内にて5冊限定で販売しますので、こちらも要チェックです♪
➡ https://www.n-slow.com/books/books-297

雪とけて 現状見つめ 胸痛む

今朝カーテンを開けると「あ~やっぱり(雪)積もったのね~」と少々残念に思いました。
会社のガーデンも真っ白。スイセンの葉が、かろうじて顔を出してます。

今はもう雪はとけているようです。
今シーズンの雪はこれで最後でしょうか?

 話は変わり
先日、十勝清水に行ってきました。
雪で覆われていた災害跡が、雪どけと共に現れてきました。
日勝峠を下って町に入ってきたすぐの橋。
当時は家が流されている状況が報道されていました。
今は土嚢が並べられ、枝道は通行止め。

このアーチ橋も記憶にある方は多いのではないでしょうか?

橋の手前の方には、移住体験住宅があり
スロウの読者さんも短期移住をされていたことがありました。
今は数件あった家もなくなりこの状態に…

 この橋は上の写真の左手側になります。

学生の頃この橋を渡って、町営体育館部活やら何やらに通っていました。
今は国道274側からしか体育館にいけません。

 こちらはアーチ橋の裏側の方

木道の散策路がありました。
木の奥にはピクニックができる芝生、小川には水車もあり、
とても雰囲気の良いところでした。

 国道38号線の町に入ったすぐの橋は、落ちて通行止めでしたが、
右に若干迂回しています。(この写真は清水から帯広へ向かってます)

しばらく通行止めにはなっていましたが、
開通した時には本当に「人間ってすごいなぁ~技術はすごいな~」と思いました。

 月日が経ち、十勝の被害の大きさに驚いた昨年。
まだ行方不明の方もいらっしゃいます。
早くご家族のもとへ戻られることを祈ります。

芽室や大樹、音更など、どこの地域も今年の復興工事が始まります。
昔の情景や町並みとは変わり、寂しい気持ちもありますが、
十勝全体、皆でもりたてていけると良いなぁ~と思う今日この頃です。

ちょっとほっこり
清水で見つけた春。

 

お知らせ

CERAMIC-STUDIO GAKUの吉田南岳さんの展示会
明日までです。

「陶器とわら細工2人展」

開催期間 12/5~12/11
開催時間 10:~17:00(最終日16時閉廊)
会場   ギャラリー夢庵
      帯広市西5条南11丁目263 
       TEL 0155-27-1332

体験教室も行われているのですよ♪
必ず電話でお申し込み下さいね。
PM1:00~3:30
体験費用:4,500円(材料費、税込み)
dsc_0087

商品撮影風景

昨日、スロウ50号に掲載する商品撮影をしました。
撮影者はフォトグラファーT氏。
モデルはクナウマガジンの編集者O氏とH氏。
では撮影風景をご紹介
20161209175757
このように実際に使ってみます。
シチュエーションはとても大切です。

あっ、あれ~?
20161209175921
シ、シチュエーションは大切で…す。が…。
目元。めもとに注目して下さいね。
目に乗せる「目まくら」の撮影風景です。
ちょっと不思議な写真ですがねっ。

ここはフォトグラファーT氏のお宅。
よく撮影現場に使わせていただいてます。

皆さんよ~くご覧ください。
奥に卓球台が見えますねぇ。
ある日突然現れた卓球台。

撮影時は撮影台に。
T氏M氏が社員を招いてお食事会を開いてくださる時は、
テーブルと化して多くの料理が並びます。
そして、食後は卓球大会があったりと大活躍です。

さてさて、2枚の写真。
スロウ50号の紙面ではどのように使われているのか、
皆さんお楽しみに!

 

ご案内

スロウ通販でおなじみのグランブーケさん

スロウHPではコットンリースをご紹介していますが、
今回はもこもこ可愛い「コットンツリー」を作られました。

%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e5%be%8c

通販ではご購入できませんが、

川西町の雑貨屋さん「tane」さんの
「ひつじの時間」というイベントに並びます。
こちらで購入可能ですよ。

2016年11月19日(土)20日(日)
11時~17時まで

帯広市川西町西2線59番地

【スロウ41号掲載】当別町でエコアパートの新しい取り組みがスタート!

こんにちは。本日、とってもうれしいお電話をいただきましたのでコチラで紹介してしまいます!
お電話の主は、当別町の大澤産業(株)http://www.ohsawa-ap.jp/ 代表の大澤俊信さん。スロウ41号https://www.n-slow.com/books/books-148 では大澤さんが管理人を務める、かたくりの里とうべつと名づけたエコアパートのお話を紹介しました。
41号

どんどん便利になっていく世の中とは対照的に、どんどん貧しくなってしまったもの。職人の手仕事と呼べる技術であったり、人と人との繋がりであり、日々を大切に過ごす価値観であったり…。そういった、本来大切であったものを見つめなおそうと、大澤さんが建てたのが菜園&ペレットストーブ付きエコアパートです。アパートなのに菜園があって、ペレットストーブがあって、職人の技術によるこだわりが随所に散りばめられているなんて。取材したときも思いましたが、ものすごく住みたい…!当別町は札幌から40分くらいの距離なので、仕事は札幌でという人にもぴったりなのですよ~。首都圏から移住される方にとっても、とっても魅力的なアパートなのです。
なんとなんと、2014年にスロウに掲載された記事がきっかけでさまざまな広がりがあり、このたび同じ当別町内に辻野建設工業株式会社http://tsujino-gr.co.jp/ という仲間ができたのだそう。「 当別エコアパート推進協議会」も設立され、2017年3月には新たに7戸のエコアパートが建設予定だそうです!「スロウに載ったおかげで~」なんて言っていただき、こちらがうれしくなってしまいました。こんな声を寄せていただけることで、私たちクナウマガジンの編集者はますます頑張れてしまうのです。

2014年時点での活動内容の一部は、スロウ41号https://www.n-slow.com/books/books-148に掲載。
新しい展開については、各企業のHPで随時紹介されています。自分たちが暮らす場所を選択する。カンタンじゃないからこそ、じっくり話して納得して決めたいもの。そのヒントが、ここにあるのじゃないかしらと、大澤さんのお話を聞いているといつも思います。

大澤産業株式会社
当別町白樺町60番地
TEL.0133-27-5006
http://www.ohsawa-ap.jp

辻野建設工業株式会社
石狩郡当別町末広380番地辻野ビル内
Tel:0133-23-2408
http://tsujino-gr.co.jp/

〈かたくりの里とうべつ 外観〉
1

帯広は暑いですよ

おはようございます。

昨日も今日も30度越えの帯広。
お天道様が本領を発揮し始めました。
遅れていた小麦の刈取り作業も行われ始めてます。

さて、週末はあちこちで色々なイベントが開催されてますね。

洞爺湖月浦にある ガラス工房gla-glaさんから
このようなご案内をいただきました。
gla-gla月浦のお店や農家さんをはじめ、洞爺周辺の美味しいもの、美味しいお酒に、手作りのもの、グラグラグッズ、ライブもあります!
買ったものは、その場で「七輪」で焼いて食べることができます!
ライブは投げ銭で、色んなジャンルのミュージシャンが集まります!
お時間ございましたら、ぜひ焼きに、投げ銭しに、遊びにいらしてください!!とのこと。
8月6日は月浦があつい!

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト