カートを見る

BOOKS

スロウ編集者がセレクトした、北海道の「いいもの」を集めました。北海道という土地の豊かさ、それらを活かす人の手の温かさ…。北海道に住む人も、そうでない人も、そのすばらしさを感じてください。

58号の巻頭特集は、北海道の冬に似合うキャンドルの物語です。

キャンドルに灯す思い

northern style スロウ58号

905円

巻頭特集「キャンドルに灯す思い」

欧米では日常的に灯されているというキャンドルですが、こと日本国内においては、「大好き派」と「使ったことがない派」がくっきりと二極化しているような気がします(私見ですが)。でも、ちょっと想像してみてください。キャンドルって、北国によく似合うような気がしませんか? 特に、外が真っ白な雪に包まれる冬。1日の終わり、暖かい部屋の中でそっと灯す小さな灯り。曇った窓に映る炎の揺らめきを見つめていたら、次第に心が凪いでいくのが感じられるのです。

折しも、昨年9月の胆振東部地震を受け、北海道内では防災グッズとしてのキャンドルの価値を見直そうという機運が高まっているようです。実は今回の特集内容を決めたのは、震災が起こるずっと前のことだったのですが、偶然にもこのタイミングでの発刊となることに何か意味があるような気がしてなりません。

ただし、ページをめくるとおわかりいただけますが、キャンドルの防災グッズとしての役割に触れる記事はありません。災害への備えはもちろん必要です。その思いはしっかりと胸に留めた上で、冒頭に述べたような、北国の暮らしに“似合う”、美しく豊かなキャンドルのある暮らしに焦点を当てたいと思っています。秋に手づくりしたキャンドルに火を灯しながら長い冬を過ごす。そんな新しい北海道の文化への憧れや祈りも込めながらお届けする、スロウ58号です。

コンテンツ

■巻頭特集 キャンドルに灯す思い
キャンドルのある暮らし
・櫻井芳枝さん・森 禄子さん
キャンドルに火が灯るまで
・フプの森×キャンドルシップス・家具紡木×Progressive Candle
冬のアイスキャンドル遊び
北海道の木と向き合って働く人々が贈るウッドキャンドルナイト
アロマとキャンドルで、学び、伝え、分かち合う愉しさを
アーティストとして向き合うキャンドル心に寄り添い生み出す灯り
・米澤純さん・折笠恵子さん

■スロウセレクション

■山上木工・山上裕一郎さんがTSKOOLに込めるのは、家業と故郷への熱い思い
■古本・雑貨じゃんまめ書房とブックカフェ豆太 誰もが、自分自身の物語を生きている
■でがらしさんのいる町
■再び歩き始めた作家としての道
■あるがままに、まっすぐに。自然と人とが、つながる畑。
■敏子さんが厚田の大地に教わったこと
■橘コーヒー店一家のリフォーム計画、始まりました!
■北海道の雑誌編集部が、スロウなツアーを始めました。

■連載 北海道ゆったりある記
■連載 北海道 来るべき未来を見つめて
■連載 スロウなカフェを訪ねて
■連載 鈴木周作のさっぽろ市電日記
■連載 とりのはなし

数量 
《注意事項》

※お届けまでに時間をいただく場合があります。

※離島の場合別途料金が発生する場合があります。

※掲載内容は取材時のものです。情報が最新のものではない可能性があります。


表記されている価格はすべて税込です。

商品詳細

商品内容 A4判 オールカラー190頁
発売日 2019年2月25日発売

送料一覧

全国一律 1冊200円、3冊まで 360円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト