カートを見る

BOOKS

スロウ編集者がセレクトした、北海道の「いいもの」を集めました。北海道という土地の豊かさ、それらを活かす人の手の温かさ…。北海道に住む人も、そうでない人も、そのすばらしさを感じてください。

ありそうでなかった、「北海道の自家焙煎珈琲」の本。

北海道の珈琲を愛する人々

北の焙煎人 

1,728円

北海道の自家焙煎珈琲の物語

北海道には、大自然の恩恵を受けながら心豊かに暮らす人たちがいます。足もとの豊かさを見つめながら一歩一歩着実に生きている人々の情報には、時間が経つほどに味わい深い、心豊かに生きていくためのヒントがたっぷりと隠されているように思います。私たち編集スタッフも、これまでの取材を通してさまざまな気づきがありました。
この度、新しく出版することになったムックシリーズは、編集スタッフたちのふとした「気づき」を出発地点としています。
テーマを絞りつつ、キーワードにしたのは「人」。その人に会いに行きたい、その人のことがもっと知りたい、そんな気持ちをきっかけに旅に出たくなる本。専門書ではなく旅行情報誌とも違う、あなたの生き方に寄り添う本。どうぞ、「相棒」として長く傍らに置いてあげてください。
シリーズ1冊目のテーマは、自家焙煎珈琲。「エッ、北海道で珈琲?」と疑問に思った方にこそ、手に取ってほしい本です。
北海道における珈琲の歴史、焙煎と気候の意外な関係、そして珈琲に魅せられた人々の熱い思い。淹れ方ひとつ取っても実にさまざま。ここでは「何が良いのか」という視点は一旦横に置いて。店主たちそれぞれの価値観に触れる、上質なひと時を。その隣に、北海道の焙煎人たちが手がけた珈琲の優しい香りを添えて。

購入特典にスロウオリジナルブレンド・「本と珈琲」が1つ付いてきます

スロウオリジナルブレンドを、札幌のいわい珈琲さんで作っていただきました!その誕生秘話は、本誌に掲載されています。※特典はなくなり次第終了。

「北の焙煎人」と、本誌に登場する店舗のドリップバッグのセット販売も行っています。詳細はこちら。

コンテンツ

自らの人生と重ねながら、珈琲焙煎に向き合う人々
・はぜや珈琲
・丘の上珈琲
・暮らしと珈琲 みちみち種や
・珈琲専科ヨシダ

| column | 北海道のコーヒードリッパーとソーサー

自家焙煎珈琲が飲める場所 1
・香味自家焙煎 生出珈琲
・yoshinori coffee
・CAFE TRUNK
・オヌキコーヒーロースタリー
・かふぇ坩堝
・自家焙煎珈琲店 Gosh

| column | キャンプで珈琲を焙煎してみた

焼くことから始めましょう!早川コーヒーの“北海道焙煎”の夢

羊蹄山に惚れ込んで。地域と共に歩む、小さな珈琲店(高野珈琲店)

ブレンド珈琲って、どうやって作るの?新・スロウブレンド選手権!(いわい珈琲)

北海道、珈琲ことはじめ

濱谷均さんと、メロ・ハマヤ農園 移民たちの歴史と向き合い続ける今

| column | 北海道のコーヒーカップ 木工編

自家焙煎珈琲が飲める場所 2
・石田珈琲店
・自家焙煎珈琲はち
・カフェ&コテージ タンポポハウス
・Jazz&Cafe 茶菓いっ風
・syzygy cafe
・ 喫茶アポロ
・CAFE MEDERU
| column | 北海道のコーヒーカップ 陶器編

coffee&something アトリエ・モリヒコ茶室に通じる、〝喫茶店体験〟

HOKKAIDO 自家焙煎珈琲MAP

数量 
《注意事項》

※掲載内容は取材時のものです。閉店、移転、営業時間の変更など、情報が最新のものではない可能性があります。


表記されている価格はすべて税込です。

商品詳細

商品内容 A5判 オールカラー152頁
発売日 2018年11月1日

送料一覧

全国一律 1冊200円、3冊まで 360円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト