カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

クナマガ日記

石田まき

「驚きの森」ツアーに参加してきました!(フォトレポート)

 

昨年12月からスタートした、クナウマガジンのツアー部門、Slow Travel HOKKAIDO 。
今までスロウで紹介した場所や人など、スロウの世界観が伝わるような、今までになかった新しい北海道の楽しみ方を提案しています。

今回は始まったばかりの新しいツアー商品の中から、ノースベリーランドの「シロップを採りに、森に出かけようというツアーにスロウ編集部石田がカメラマンとして参加してきたので、その模様をフォトレポートでお届けします!少し長いですが、どうぞお楽しみください。

※以下のレポートには、ツアーの詳細を含みます。詳細を知らずに参加したい方は、読むのをお控えください。

写真で振り返る「驚きの森」ツアー

帯広市から高速道路を使って40分ほどで白糠町に到着。

拠点となる「驚きの森LABO」に着いたら、まずはノースベリーランド・驚きの森の代表、横田宣伯さんからツアー行程の説明を受けます。この日一緒に参加したのは、ツアーチームの飯嶋さん(左)と尾崎さん(右)です。

曇り予報のはずが、天気は快晴!白糠町は積雪は少ない方とはいえ、森の中は除雪されていないため、カンジキを履いて森に入ります。カンジキを履いても膝下あたりまで雪に埋もれることもあるので、防水仕様の靴か長靴を履いて参加することをオススメします。横田さんが丁寧にカンジキの履き方を教えてくれました。

元気にツアースタート!横田さんが所有している山林、「驚きの森」へ樹液を採取に行きます。

歩き方は、足の裏を平行にして、全体で着地するイメージです。カンジキの歩き方にもコツがいります。

ほんの数分で、背の高い木々が並ぶ「驚きの森」入り口に到着しました。

「あれはオニグルミ。秋になると実がなります。」
「あの小鳥はシジュウカラ。うーん、ゴジュウカラかな?」と、木々や鳥の名前を一つひとつ教えてくれる横田さん。

立ち止まると足音が消えて、シンとした森の気配が広がります。立ち止まって木々を見上げると、たまに鳥たちが寄ってきては、可愛らしい鳴き声で歓迎してくれました。

 

少し歩くと、樹液採取のポイントになっているイタヤカエデの木に着きました。
樹液が採取できるのかどうかは、その日の様々な条件によって異なるそうです。もちろん、まったく出ないこともあるとか。
「さあ、尾崎さんたちの日頃の行いが良いかどうか?」
ニコニコと横田さんが言います。

結果はと言うと、日頃の行いでしょうか…そこまで樹液量は多くありませんでした。見つめていると、じわっと周囲に染みてくる程度。調子の良い時には、この段階で勢いよく出てくることもあるとか。

横田さんに促され、微量な樹液を人差し指の先に付けてひと舐め。
ほとんど無味で、どこかに甘みを感じるような…初めての味でした。

「以前は趣味で採取してたんだけど、仕事にした途端、楽しくなくなっちゃってさ…」と横田さん。
自然相手の仕事の難しさを、改めて目の当たりにしました。樹液の採取量がこんなにもわずかで、手間がかかるということ…。
今はノースベリーランドで瓶に入れて商品化もされています。「折り合いをつけて、小さくやっています」とのこと。

ドリルで開けた穴にノズルとホースを取り付けて、樹液が出てくるのを数日かけて待つそうです。

他の木を見ると、鳥がつついて樹液を飲んだ跡を見つけました。
「やっぱり鳥はどこから出るか、どの木が出やすいのか本能でわかってるんじゃないかな」と横田さん。「悔しいね〜」と、朗らかに笑っています。


(上の木の、黒ずんでいるところが樹液の染みた跡)

たまに目にしていた木々や赤い実、上手にさえずる美しい小鳥も。
横田さんが教えてくれるまで、それらの名前を知りませんでした。

私たちはいろんなことを知っているようで、まだまだ知らないことがたくさんある。
そんな気づきに大人になってから出会えることは、どれだけ幸せなことなのでしょう。

 

帰ってからも、“驚き”の連続

木々や木の実、鳥の説明を受けながら、少しずつまたスタート地点へ帰ってきました。
さっきまで出ていた陽は雲へ隠れ、LABOの赤色が目に眩しく映ります。

暖かい小屋に戻り、先ほどの森で採れた樹液を使った「樹液コーヒー」をいただきます。

↓↓↓

どうですか?この2人の表情の変化!(笑)
先ほど森で飲んだものと同じものとは思えないほど、甘さがしっかりと感じらたからです。それでいて、砂糖の甘さとは違う、清涼感の残る自然なあと味。

「これ、本当に樹液ですか?」

火をかければそれだけ甘くなっていくとか。奥深い、樹液の世界。
カエデの樹液を5〜6時間ほど煮詰めると、みんながよく知っている「メープルシロップ」が完成するそうです。次は希少なメープルシロップにパンを浸した、なんとも贅沢な「メープルシロップフォンデュ」をいただきます。

あまりのおいしさに思わず笑みがこぼれる尾崎さん。

さらりとした甘さのメープルシロップに、表面がカリッと焼かれたくるみ入りパンの相性が最高です。
パンの量はたくさんありましたが、ぺろっと2人分すぐにたいらげてしまいました。

最後のメインディッシュは、手づくりピザ。
出発前に温めていた手づくりの釜に、これまた手づくりのピザを入れて焼いてゆきます。

「すぐに焼きあがるから、タイミングが何より大切なんだよ」と、横田さんはピザから目を話しません。

香ばしい匂いを漂わせた自家製ピザが焼き上がりました!

奥のピザは驚きの森のエゾヤマザクラの桜チップで燻製した手づくりベーコンを使っているそうです。
モチモチの生地に、とろーりとしたチーズ。こちらもペロリと食べてしまいました。

近くの森の樹液を使った料理に、自家製ピザ。なんとも言えない多幸感に包まれ「心もお腹も満足!」です。

好奇心の絶えない飯嶋さんは手づくり釜の作り方を教えてもらったり、尾崎さんは個人的にシロップをお買い上げしたりと、食後も各々で過ごします。

今年から上がれるようになったLABOの屋上。夏はここで日向ぼっこをしたりBBQしたり星を眺めたり、様々に活用する予定なのだとか。室内で温まった身体が、冷たい空気に触れて気持ちいい。

気づけばあっという間にこんな時間。ここでは、時間がゆっくり進んでいるようです。

冬が終わればまたベリー摘みに忙しくなる横田さんの、冬の間の暮らしを垣間見られるこのツアー

目で、耳で、舌で。
北海道の、のんびりとした冬時間を五感いっぱい使って楽しむことができました。
ツアー参加のお申し込みは、コチラから

➡︎https://www.n-slow.com/news/news-10687

しぃ

かわいい~挿絵つき!!

こんにちは
スロウ定期購読ご継続の払込用紙に
挿絵を添えてお支払いいただきました。

こぞうとありがとうございますの文字は印刷していたものですが、
こぞうも座布団に座らせてもらっちゃって、嬉しそう。
東京都武蔵野市のSさん。
ありがとうございました。

可愛かったので皆さんにお披露目しちゃった~(^-^)

アスミン

北海道の手漉き和紙「富貴紙」を使った写真展が開催

明日から最高気温が10℃も下がる予報が出ている帯広からこんにちは。

写真展開催のご案内をいただきましたので、ご紹介します! 地元釧路市出身在住の写真家・秋元亮太さんが独特の風合いを持つ「富貴紙」を使い、ひがし北海道と釧路市の風景で作品を制作し、写真展を行っています。
ちなみに、「富貴紙」の物語はスロウ52号でも詳しくご紹介しています(^^♪
▶ https://www.n-slow.com/books/books-7175

開催概要ご案内 釧路市音別町産和紙「富貴紙」を使った初めての写真展「富て貴なる紙の世界」

■開催期間:2018年8月1日(水)~8月31日(金)
■開館時間:7時30分~20時30分
■会場:たんちょう釧路空港3階(釧路市鶴丘二番地)
■アクセス:釧路市街地から約20km、阿寒湖温泉街からは約60km
■入場料:無料
■ 展示内容
「富貴紙」という和紙に写真をプリントをした作品展。「富貴紙」とは釧路市音別町でフキの皮を原料として生産している和紙のこと。紙漉きをする際にフキの繊維を残しているので、紙の模様が一枚ずつ変わるのも特徴です。
展示は「釧路風景編」と「道東風景編」の二部構成からなります。
■お問い合わせ先
○作品についてのお問い合わせ先:すむれら写真事務所
 090-1304-3400 mail@ezo-photo.info
○会場についてのお問い合わせ先:たんちょう釧路空港 0154-57-8304
○秋元亮太ホームページ:www.ezo-photo,info/
○たんちょう釧路空港ホームページ:www.kushiro-airport.co.jp/

■秋元 亮太(あきもとりょうた)氏 プロフィール
北海道釧路市生まれ
札幌市内のカメラ店に勤務をした際に写真とカメラの基礎知識を身につける。
2001年、離職を機にフリーの写真家となる。
2007年から故郷の釧路に活動の場を移し、道東を中心とした作品作りに専心する。
[写真展及び活動]
2005年 個展「Kamuy-Ruwe ~御神渡り~」・札幌市、個展「釧路湿原の四季」・釧路町
2006年 Myカメラアングル写真展出展・東川町
2007年 グループ展「ウォール・ギャラリー2」・東川町
2008年 個展「Ota・Oru・Nai」・小樽市、グループ展「ウォール・ギャラリー3」・東川町
2009年 グループ展「ウォール・ギャラリー4」・東川町
2010年 キヤノンカレンダー採用、キヤノンカレンダー作家展「Lightscape ~光彩の季(とき)~」・全国キヤノンギャラリー、「ピリカ モシリ」・キヤノンオープンギャラリー
2016年 釧路市立博物館 特別展:私の博物館 写真展「春採湖歳時記」・釧路市
2013年からオリジナルカレンダーを毎年作成
2017年からAmazon Kindle本にて電子書籍を出版
道新文化センター デジタルカメラ講師

わかめ

5年ぶりに!待望の羽衣の滝。

みなさんこんにちは!
北海道にも夏がやってきましたね。
そんな折り、実に5年ぶりに、「あの場所」に行く
遊歩道がオープンしたのです。

東川町の天人峡にある「羽衣の滝」  😆 
土砂崩れで5年間も不通になっていたんですよ~
待望の、待望のオープンです(感涙)

早速行った羽衣の滝

やっぱり雄大で、とっても美しい風景でした。

滞在したのは、天人峡からすぐ近くの場所にある旭岳温泉。
1泊目はベアモンテ、2泊目はディアバレー 🙂 

実はその時の記事が、本日発売のnorthern style スロウvol.57
に掲載されています!

こんな感じで~チラリ(読めるか読めないか絶妙なラインで…笑)
旭岳の自然はもちろんのこと、温泉もご飯もとっても素晴らしくて、
カメラマンと二人して「帰りたくない!」と心から思いました。

そして実はこの2軒の宿、それぞれに特徴がありました(大発見)!
●家族や友人とワイワイ楽しむ
●ひろ~い浴槽の温泉でホッと
●絶品のビーフシチューをビュッフェで味わう
●旭岳ロープウェイ徒歩3分でトレッキング
そんなときにベアモンテ⇒https://www.bearmonte.jp/

●夫婦や大切な人とゆ~っくり過ごす
●憧れの猫足バスタブに浸かる
●ジャズの音色に包まれてソファでまどろむ
●全26室のプライベート空間で自分だけの時間
そんなときにディアバレー⇒https://www.deervalley.jp/

旭岳温泉って、登山のイメージが強かったのですが、
実際は宿から眺める山の稜線や、温泉の泉質も良かったです^^
インドア派の(?)私としては、
ディアバレーで1週間くらい読書漬けの休暇を送りたい…

HPの動画フォトアルバムを眺めながら、
あ~また行きたい~夏のうちにもう一度~
なんて、思う日々です。みなさまもいかがでしょう^^♪
ハマノホテルズ⇒https://www.hamano-hotels.co.jp/

アスミン

「彩の風」ギャラリー展にお邪魔してきました

安藤靖子さん、革とステンドグラスのものづくり

安藤靖子さんといえば、本誌37号に登場して以来、クナウマガジンの本ではたびたびお世話になっている方。訪れるたび、とびっきりの笑顔で迎えてくれる、とっても素敵な女性です。革とステンドグラスの作家として、日々創作活動に勤しんでいる靖子さん。その原点は家族との時間にあるようです。「私は今でも、お母さんなのよ」と話す靖子さんは、2人の息子を持つ母であり、2人の孫を持つおばあちゃん。2017年で77歳を迎えられたとは思えない、きらりと輝く姿には、「こんな風に年を重ねたいな」と憧れてしまいます。

▶靖子さんの物語は、こちらでも紹介しています。
スロウ37号
スロウな旅北海道

毎年初夏から秋にかけて開かれる、ギャラリー

毎年6月中旬から9月下旬の日曜日、靖子さんの自宅の横にあるギャラリーがオープンします。毎年テーマを変えて、靖子さんが一つひとつ手づくりした作品が並ぶのです。ただ並ぶのではなくて、何かしら「物語」を感じられるディスプレイがこれまた素敵…。2018年のテーマは、「the Wind of happiness」。優しい風を感じる空間は、1日中だってのんびりしたくなります。それからお庭も!白や黄色の淡い色合いの花たちが、季節ごとに可憐な表情を見せてくれます。

2018年ギャラリーオープンの日の写真を少しだけ…。

それから、昨年の夏に行ったときの写真も。

著書「the Wind of happiness Ⅱ」

靖子さんの作品集もあります。作品から伝わってくる、温かな人となり、家族との絆、ものづくりにかける思い。ページをめくりながら、人生のさまざまなことに思いめぐらせる1冊です。ギャラリーでも販売されています。

こちらからも購入できます

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト