カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

クナマガ日記


Warning: Use of undefined constant post - assumed 'post' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sogo-server/www/slow/slow/wp-content/themes/slow/page-blog.php on line 28

Warning: Use of undefined constant nickname - assumed 'nickname' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sogo-server/www/slow/slow/wp-content/themes/slow/page-blog.php on line 38
しぃ

かわいい~挿絵つき!!

こんにちは
スロウ定期購読ご継続の払込用紙に
挿絵を添えてお支払いいただきました。

こぞうとありがとうございますの文字は印刷していたものですが、
こぞうも座布団に座らせてもらっちゃって、嬉しそう。
東京都武蔵野市のSさん。
ありがとうございました。

可愛かったので皆さんにお披露目しちゃった~(^-^)


Warning: Use of undefined constant nickname - assumed 'nickname' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sogo-server/www/slow/slow/wp-content/themes/slow/page-blog.php on line 38
アスミン

北海道の手漉き和紙「富貴紙」を使った写真展が開催

明日から最高気温が10℃も下がる予報が出ている帯広からこんにちは。

写真展開催のご案内をいただきましたので、ご紹介します! 地元釧路市出身在住の写真家・秋元亮太さんが独特の風合いを持つ「富貴紙」を使い、ひがし北海道と釧路市の風景で作品を制作し、写真展を行っています。
ちなみに、「富貴紙」の物語はスロウ52号でも詳しくご紹介しています(^^♪
▶ https://www.n-slow.com/books/books-7175

開催概要ご案内 釧路市音別町産和紙「富貴紙」を使った初めての写真展「富て貴なる紙の世界」

■開催期間:2018年8月1日(水)~8月31日(金)
■開館時間:7時30分~20時30分
■会場:たんちょう釧路空港3階(釧路市鶴丘二番地)
■アクセス:釧路市街地から約20km、阿寒湖温泉街からは約60km
■入場料:無料
■ 展示内容
「富貴紙」という和紙に写真をプリントをした作品展。「富貴紙」とは釧路市音別町でフキの皮を原料として生産している和紙のこと。紙漉きをする際にフキの繊維を残しているので、紙の模様が一枚ずつ変わるのも特徴です。
展示は「釧路風景編」と「道東風景編」の二部構成からなります。
■お問い合わせ先
○作品についてのお問い合わせ先:すむれら写真事務所
 090-1304-3400 mail@ezo-photo.info
○会場についてのお問い合わせ先:たんちょう釧路空港 0154-57-8304
○秋元亮太ホームページ:www.ezo-photo,info/
○たんちょう釧路空港ホームページ:www.kushiro-airport.co.jp/

■秋元 亮太(あきもとりょうた)氏 プロフィール
北海道釧路市生まれ
札幌市内のカメラ店に勤務をした際に写真とカメラの基礎知識を身につける。
2001年、離職を機にフリーの写真家となる。
2007年から故郷の釧路に活動の場を移し、道東を中心とした作品作りに専心する。
[写真展及び活動]
2005年 個展「Kamuy-Ruwe ~御神渡り~」・札幌市、個展「釧路湿原の四季」・釧路町
2006年 Myカメラアングル写真展出展・東川町
2007年 グループ展「ウォール・ギャラリー2」・東川町
2008年 個展「Ota・Oru・Nai」・小樽市、グループ展「ウォール・ギャラリー3」・東川町
2009年 グループ展「ウォール・ギャラリー4」・東川町
2010年 キヤノンカレンダー採用、キヤノンカレンダー作家展「Lightscape ~光彩の季(とき)~」・全国キヤノンギャラリー、「ピリカ モシリ」・キヤノンオープンギャラリー
2016年 釧路市立博物館 特別展:私の博物館 写真展「春採湖歳時記」・釧路市
2013年からオリジナルカレンダーを毎年作成
2017年からAmazon Kindle本にて電子書籍を出版
道新文化センター デジタルカメラ講師


Warning: Use of undefined constant nickname - assumed 'nickname' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sogo-server/www/slow/slow/wp-content/themes/slow/page-blog.php on line 38
わかめ

5年ぶりに!待望の羽衣の滝。

みなさんこんにちは!
北海道にも夏がやってきましたね。
そんな折り、実に5年ぶりに、「あの場所」に行く
遊歩道がオープンしたのです。

東川町の天人峡にある「羽衣の滝」  😆 
土砂崩れで5年間も不通になっていたんですよ~
待望の、待望のオープンです(感涙)

早速行った羽衣の滝

やっぱり雄大で、とっても美しい風景でした。

滞在したのは、天人峡からすぐ近くの場所にある旭岳温泉。
1泊目はベアモンテ、2泊目はディアバレー 🙂 

実はその時の記事が、本日発売のnorthern style スロウvol.57
に掲載されています!

こんな感じで~チラリ(読めるか読めないか絶妙なラインで…笑)
旭岳の自然はもちろんのこと、温泉もご飯もとっても素晴らしくて、
カメラマンと二人して「帰りたくない!」と心から思いました。

そして実はこの2軒の宿、それぞれに特徴がありました(大発見)!
●家族や友人とワイワイ楽しむ
●ひろ~い浴槽の温泉でホッと
●絶品のビーフシチューをビュッフェで味わう
●旭岳ロープウェイ徒歩3分でトレッキング
そんなときにベアモンテ⇒https://www.bearmonte.jp/

●夫婦や大切な人とゆ~っくり過ごす
●憧れの猫足バスタブに浸かる
●ジャズの音色に包まれてソファでまどろむ
●全26室のプライベート空間で自分だけの時間
そんなときにディアバレー⇒https://www.deervalley.jp/

旭岳温泉って、登山のイメージが強かったのですが、
実際は宿から眺める山の稜線や、温泉の泉質も良かったです^^
インドア派の(?)私としては、
ディアバレーで1週間くらい読書漬けの休暇を送りたい…

HPの動画フォトアルバムを眺めながら、
あ~また行きたい~夏のうちにもう一度~
なんて、思う日々です。みなさまもいかがでしょう^^♪
ハマノホテルズ⇒https://www.hamano-hotels.co.jp/


Warning: Use of undefined constant nickname - assumed 'nickname' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sogo-server/www/slow/slow/wp-content/themes/slow/page-blog.php on line 38
アスミン

「彩の風」ギャラリー展にお邪魔してきました

安藤靖子さん、革とステンドグラスのものづくり

安藤靖子さんといえば、本誌37号に登場して以来、クナウマガジンの本ではたびたびお世話になっている方。訪れるたび、とびっきりの笑顔で迎えてくれる、とっても素敵な女性です。革とステンドグラスの作家として、日々創作活動に勤しんでいる靖子さん。その原点は家族との時間にあるようです。「私は今でも、お母さんなのよ」と話す靖子さんは、2人の息子を持つ母であり、2人の孫を持つおばあちゃん。2017年で77歳を迎えられたとは思えない、きらりと輝く姿には、「こんな風に年を重ねたいな」と憧れてしまいます。

▶靖子さんの物語は、こちらでも紹介しています。
スロウ37号
スロウな旅北海道

毎年初夏から秋にかけて開かれる、ギャラリー

毎年6月中旬から9月下旬の日曜日、靖子さんの自宅の横にあるギャラリーがオープンします。毎年テーマを変えて、靖子さんが一つひとつ手づくりした作品が並ぶのです。ただ並ぶのではなくて、何かしら「物語」を感じられるディスプレイがこれまた素敵…。2018年のテーマは、「the Wind of happiness」。優しい風を感じる空間は、1日中だってのんびりしたくなります。それからお庭も!白や黄色の淡い色合いの花たちが、季節ごとに可憐な表情を見せてくれます。

2018年ギャラリーオープンの日の写真を少しだけ…。

それから、昨年の夏に行ったときの写真も。

著書「the Wind of happiness Ⅱ」

靖子さんの作品集もあります。作品から伝わってくる、温かな人となり、家族との絆、ものづくりにかける思い。ページをめくりながら、人生のさまざまなことに思いめぐらせる1冊です。ギャラリーでも販売されています。

こちらからも購入できます


Warning: Use of undefined constant nickname - assumed 'nickname' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sogo-server/www/slow/slow/wp-content/themes/slow/page-blog.php on line 38
アスミン

驚きの森Laboプレオープンに行ってきました

白糠町・驚きの森より。無農薬ブルーベリーの加工品を、生産現場で味わえるショップがオープン!

スロウにもたびたび登場している、白糠町のブルーベリー農家(ノースベリーランド)、横田さんこれまで、自ら大切に育てたブルーベリーを使った加工品や、森の木々から分けていただく樹液なども商品化してきました。
そんな数々の加工品、これまでは近郊の道の駅などで購入することができたのですが、このたび、横田さんの畑の敷地内にショップがオープンとのこと!!
その名も、「驚きの森Labo」。「見て!触って!味わって!」をテーマに、ブルーベリーのソフトクリームやドリンクなどを販売されるとか。
去る7/1はプレオープンとのことで、お祝いかたがた、遊びに行ってきましたよ(^^♪

お店のデザインは奥さんがして、横田さんとスタッフ数名で手づくりしたのだそう!お祝いにお花をお持ちしたら、窓辺に飾ってくれました。ブルーベリーをイメージしたアレンジは、帯広市内のお花屋さんで。
ビタミンカラーの可愛らしい椅子などは、これまた奥さんのセンスです!

無農薬だから味わえる、素材の魅力

お昼前に行ったのに、すでに完売のメニューも! 

『ミックスベリーデトックスウォーター』を注文したら、横田さんから「さすがの目の付け所ですね!」と。横田さんがノースベリーランドとして育てているブルーベリーは、完全無農薬。だからこそ作れる、デトックスウォーターなのだそうです。

そしてスムージーも、爽やかでおいしかった~(((o(*゚▽゚*)o)))

環境への配慮も忘れずに

上の写真を見て、気づいた人もいるでしょうか? そう、ストローがとっても可愛い!! こちら、プラスチックではなく紙製のストローなのです。最近、プラスチックを大量に呑み込んだクジラが死んでしまったり、ウミガメの鼻にプラスチックストローが刺さってしまったりという悲しいニュースを目にした人もいるかと思います。「ああいうの見ちゃうと、やっぱり何か、できることをしなきゃって」と横田さん。店内には、こんなことが書かれていました。

自分にも、環境にも気持ちよく! ただそれだけのシンプルなことなんだな・・・と、改めて思った次第です。

ショップデータ

驚きの森Laboのグランドオープンと営業時間も忘れず聞いてきましたよ!白糠インターのすぐ近くなので、夏のお出かけ先にもぴったりです。ブルーベリー狩りと合わせて、楽しんでくださいね。
グランドオープン/7月7日
営業期間/7~9月(8月は毎日、7.9月は土日祝日)
営業時間/10:00~15:00

 

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト