カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

北海道の魅力を発信する雑誌「northern style スロウ」通販サイト > クナマガ日記 > 「彩の風」ギャラリー展にお邪魔してきました
アスミン

「彩の風」ギャラリー展にお邪魔してきました

安藤靖子さん、革とステンドグラスのものづくり

安藤靖子さんといえば、本誌37号に登場して以来、クナウマガジンの本ではたびたびお世話になっている方。訪れるたび、とびっきりの笑顔で迎えてくれる、とっても素敵な女性です。革とステンドグラスの作家として、日々創作活動に勤しんでいる靖子さん。その原点は家族との時間にあるようです。「私は今でも、お母さんなのよ」と話す靖子さんは、2人の息子を持つ母であり、2人の孫を持つおばあちゃん。2017年で77歳を迎えられたとは思えない、きらりと輝く姿には、「こんな風に年を重ねたいな」と憧れてしまいます。

▶靖子さんの物語は、こちらでも紹介しています。
スロウ37号
スロウな旅北海道

毎年初夏から秋にかけて開かれる、ギャラリー

毎年6月中旬から9月下旬の日曜日、靖子さんの自宅の横にあるギャラリーがオープンします。毎年テーマを変えて、靖子さんが一つひとつ手づくりした作品が並ぶのです。ただ並ぶのではなくて、何かしら「物語」を感じられるディスプレイがこれまた素敵…。2018年のテーマは、「the Wind of happiness」。優しい風を感じる空間は、1日中だってのんびりしたくなります。それからお庭も!白や黄色の淡い色合いの花たちが、季節ごとに可憐な表情を見せてくれます。

2018年ギャラリーオープンの日の写真を少しだけ…。

それから、昨年の夏に行ったときの写真も。

著書「the Wind of happiness Ⅱ」

靖子さんの作品集もあります。作品から伝わってくる、温かな人となり、家族との絆、ものづくりにかける思い。ページをめくりながら、人生のさまざまなことに思いめぐらせる1冊です。ギャラリーでも販売されています。

こちらからも購入できます

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト