カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

北海道の魅力を発信する雑誌「northern style スロウ」通販サイト > クナマガ日記 > 鈴木周作さんの絵本「くるまはこびます」が面白い!
アスミン

鈴木周作さんの絵本「くるまはこびます」が面白い!

こんにちは。帯広はここ数日ぐっと冷え込んで、雪が降ったり氷が張ったりしています。いよいよ冬だ~。車はばっちり冬タイヤに換えました!

雑誌スロウで連載中、「鈴木周作のさっぽろ市電日記」の著者、鈴木周作さんの絵本が2020年11月5日に福音館書店から発行されました。7年前、「ちいさなかがくのとも」として出版され、このたびハードカバーでの登場となったそう。鈴木さんならではの優しい色鉛筆のタッチで、キャリアカーと運転手の方たちの仕事ぶりが表現されています。

キャリアカーと運転手さんが大活躍 「くるまはこびます」

「シャララーン シャララーン、シャン シャン シャン。くるまはこびますよー。」 荷台を揺らしてキャリアカーがやってきました。荷台にたくさんの車をのせて、目的地 まで運ぶのがキャリアカーの仕事です。中古車センターにやってきたキャリアカーは、 古い車を積みこんで、街の車屋さんまで運びます。車を積むのは運転手のおじさんのお 仕事。巧みなスイッチ操作で荷台の高さや角度を変えながら、一台ずつ丁寧に車を積み こんでいきます。上段に3台積んだら、車ごと荷台を持ち上げるスイッチを押し、今度 は下段に3台積みます。合わせて6台もの車を積んだキャリアカーは、いざ街に向けて 出発です。 子どもたちはもちろん大人もつい目がいくキャリアカーですが、この絵本は、車体はも ちろん、運転手さんも主役です。

月刊絵本「ちいさなかがくのとも」の 2013年11月号 として刊行した当時、「キャリアカーが大好きな孫が喜んだ」「大人も知らないことが あって楽しめた」という声が寄せられました。 絵を担当した鈴木周作さんは、札幌市在住で主に駅や乗り物を描く画家です。ファーバ ーカステル社の水彩色鉛筆 12 色のみを使って、スイッチ1つに至るまで丹念に描かれ た味のある車の絵が子どもたちの心をとらえます。また、 リズミカルで勢いのある文は、「わにわに」の絵本シリーズでも人気の作家、小風さち さんによるもので、読み聞かせにも最適です。シャララーンという擬音語は、車両を固 定した後の固定具のアソビを表現しているそうです。

ご購入はお近くの書店、または福音館書店へお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト