カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

北海道の魅力を発信する雑誌「northern style スロウ」通販サイト > クナマガ日記 > 「標津町」でツアー作りはじめました。(2/3)
コメ

「標津町」でツアー作りはじめました。(2/3)

前回までの様子はこちらをチェック↓
「標津町」でツアーを作りはじめました。(1/3)

Slow Travel HOKKAIDO(以下、STH)のコメです。
道東の標津町を舞台にしたツアー作りの様子をお届けする、ツアーレポの第二弾。

鮭番屋でおいしい鮭料理に舌鼓した後は、手作りのバードコールを持って、ポー川史跡自然公園の森へ。1万年前から500年前までの間に使われた竪穴住居跡を見に行きました。

 

1万年の時の流れを感じる

ポー川史跡自然公園は、1万年前から人類が住んでいた証拠である、住居跡が残っています。そして、周囲の自然に住むのはたくさんの動物たち。オコジョやクロテン、運が良ければオオワシに出会うこともあるのだとか。
スノーシューをはけば、雪深い冬の森も、途端に最高の自然散策の舞台です。いざ、冬の森へ!

森を案内してくれるのは、鮭番屋でおいしい料理をふるまってくれた井南さんたち、標津町ガイド協会の方々です。

冬の森は、ひと目見ると静寂な空間が広がっている場所。
井南さんたちは、森に潜む動植物や、数万年前の人類が住んでいた痕跡、特徴的な地形を教えてくださります。

静寂だと思っていた森が、生命の息吹に溢れている豊な場所なのだと、はじめて知りました。

森散策に双眼鏡は必須。
そんな優れものなど持ち合わせていなかった私ですが、「これ使っていいよ」と、ガイドさんがそっと渡してくださりました。

視線の先には、幹に掘られた小さな穴が。モモンガの巣でしょうか?

一歩一歩進んでいくと、不思議と目が慣れてくるような。

空に舞う小さな鳥の姿や、動物の足跡、おもしろい模様の木の幹。たくさんの「痕跡」を見つけては、「これはなんですか?」と井南さんたちの教えてもらいます。竪穴住居跡は、穴の大きさで、住んでいた人の数やその用途までわかるのだそう。こちらの小さい穴は、今でいうところの一般住宅。この数倍の大きさの穴もあり、それは集会所として使われていたそうです。

スノーシュー探検はおよそ1時間ですが、あっという間。
そっと木々が佇む森も、そこを知る人に導かれると、たくさんの驚きに溢れていました。

「雑魚」に価値を

次に訪れたのは、鮭を捕らえる人たちの元。そう、標津町の漁師たちの元です。訪れたのは、2月下旬。鮭漁の見学は叶いませんでしたが、新しい標津の取り組みに出合いました。

訪れたのは、漁に使う道具の整備や、魚を一次保管している場所。

こちら、標津町の漁師の林強徳さん。

町内の漁師で組織される標津漁師会の中から、さらに有志で「波心会」を立ち上げました。
波心会の活動のひとつに、自分たちが獲った魚に「神経締め」という加工を施すことがあります。神経締めをすると、死後硬直が遅れるので、身がより引き締まって、鮮度を長く保つことができるのだとか。通常の数十倍から数百倍の価値を生み出すということを聞き、とても驚きました。

「近海でよく獲れるのに、価値が低いからと「雑魚」と呼ばれていた魚に、なんとか高付加価値を付けて流通させてたかった」と林さん。

自らの店舗で神経締めの肴を販売していた根室市の松田英照さんを講師に呼び、加工方法を習得しているのだとか。

松田さんは根室市で、鮮魚卸店「根室喰 nemurock」として活動しています。
低活性活かし込みからの、放血処理と神経締め。
丁寧で素早い手つきに、目がくぎづけになります。

いったいどんな味なんだろう・・・と気になっていた時

タイミングを計ったように、神経締めしたカレイのお刺身が、昼食に出てきました。

違いが分かりやすいようにと、処理していないカレイの刺身と食べ比べていただきます。口に入れて、ひと噛み、ふた噛み。食感と味覚に集中するように、皆だまって噛みしめていきます。
「・・・身の引き締まりが全然違う!」付加価値とはこういうことかと、納得してしまいました。

この日の昼食は、カレイのフライに、カレイの煮付け
大きなホタテのバター醤油焼きなど。

標津漁師のかあさんの会「標津AMIE(アミ―)」の皆さんが、用意してくださいました。漁師の男たちが獲った魚介を、港で待つ女たちが料理する。なんて素敵な町なんだろう。ほっこりと温かい気持ちが、おいしい料理と一緒に、じわじわとひろがりました。

 

海のお守りを作って、氷で閉ざされた海原へ

お腹もふくれて、何か身体を動かしたい気持ちになったところで、次に向かったのは標津町学習センター「あすぱる」。

北海道の畑や森で、運が良ければ見つけることができるあれを使って、海のお守りを作りました。

教えてくださるのは、標津町ガイド協会の小笠原正一さん。

笠原さんが手に持っているのが、あれです。
そう、エゾシカの角。

鹿が川を渡る様子から、水難除けのご利益があるとされる鹿の角を使って、アクセサリーを手作りしました。「エゾシカは毎年角が生えるから、枝分かれの数を数えると、何歳のエゾシカの角なのかわかるんですよ」と小笠原さん。わたしたちが使ったのは、5歳のエゾシカの角でした。

小笠原さんはじめ、ガイド協会の方々が、丁寧に加工方法を教えてくださります。

ずしっと重みのある鹿角。のこりぎで切ると、ほんの僅かに摩擦で焦げた香りが。ぽろぽろと白い粉を出しながら、好みの大きさに削っていきます。角の先端も良いけれど、途中で輪切りにするのも味があります。
空洞は血管が通っていた証拠なのだとか。

紐を通す部分は、工具であけます。生き物の一部だと思うと、ハンドルを押す手にもなんだか緊張が走ります。出来上がったのがこちら。

どうですか?この角先に1年分の成長がこもっています。
小さく切ると、重厚感のある見た目とは裏腹に、いつでも身に付けられるような軽さです。

ちょっぴり強くなった気持ちになったところで、向かうは冬の海。
厳冬期にしか歩くことが出来ない、氷が閉ざされた海原へ向かいました!

氷で閉ざされた海へ

太陽の光が雲のベールにぼんやりと広がって、幻想的な世界に。

ここは別海町の野付半島。訪れた人が思わず写真撮影に夢中になってしまう、冬にだけ現れる氷平線です。

野付半島は、日本最大の砂嘴。夏場は、ホタテやシマエビが獲れる漁場でもあります。本格的な冬が到来する12月から湾の海面が凍りはじめ、厳冬期の2月には、人が乗ってもびくともしないほどの堅い氷に。冬以外は海なので、民家や森などの視界を遮るものがなく「氷平線」が出現するというわけです。

一面の白い背景を利用した、トリック写真の撮影スポットとしても、人気上昇中です。

【バケツ山の上に集う、ちいさな人】

氷平線観光の拠点となる野付半島ネイチャーセンターでは、ソリやスノーシューハイクなどの体験もあります。アクティブに楽しむのも良し、ガイドツアーに参加して、氷平線ができた理由や夏の漁のことも聞くのも良しの、魅力満載な場所。

楽しんだところで、今回はここまで。

次回もお楽しみに!

文責:コメ(飯嶋) 写真:湯川

※オフショット

ポー川史跡自然公園でやった大人の本気雪合戦。
「毛糸の手袋だと、雪玉が作りにくい!」と、最初から素手で参戦しました。

野付半島からの帰り道に出合った、オスのエゾシカ。
ばっちりカメラ目線。

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト