カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

北海道の魅力を発信する雑誌「northern style スロウ」通販サイト > クナマガ日記 > 北海道の手漉き和紙「富貴紙」を使った写真展が開催
アスミン

北海道の手漉き和紙「富貴紙」を使った写真展が開催

明日から最高気温が10℃も下がる予報が出ている帯広からこんにちは。

写真展開催のご案内をいただきましたので、ご紹介します! 地元釧路市出身在住の写真家・秋元亮太さんが独特の風合いを持つ「富貴紙」を使い、ひがし北海道と釧路市の風景で作品を制作し、写真展を行っています。
ちなみに、「富貴紙」の物語はスロウ52号でも詳しくご紹介しています(^^♪
▶ https://www.n-slow.com/books/books-7175

開催概要ご案内 釧路市音別町産和紙「富貴紙」を使った初めての写真展「富て貴なる紙の世界」

■開催期間:2018年8月1日(水)~8月31日(金)
■開館時間:7時30分~20時30分
■会場:たんちょう釧路空港3階(釧路市鶴丘二番地)
■アクセス:釧路市街地から約20km、阿寒湖温泉街からは約60km
■入場料:無料
■ 展示内容
「富貴紙」という和紙に写真をプリントをした作品展。「富貴紙」とは釧路市音別町でフキの皮を原料として生産している和紙のこと。紙漉きをする際にフキの繊維を残しているので、紙の模様が一枚ずつ変わるのも特徴です。
展示は「釧路風景編」と「道東風景編」の二部構成からなります。
■お問い合わせ先
○作品についてのお問い合わせ先:すむれら写真事務所
 090-1304-3400 mail@ezo-photo.info
○会場についてのお問い合わせ先:たんちょう釧路空港 0154-57-8304
○秋元亮太ホームページ:www.ezo-photo,info/
○たんちょう釧路空港ホームページ:www.kushiro-airport.co.jp/

■秋元 亮太(あきもとりょうた)氏 プロフィール
北海道釧路市生まれ
札幌市内のカメラ店に勤務をした際に写真とカメラの基礎知識を身につける。
2001年、離職を機にフリーの写真家となる。
2007年から故郷の釧路に活動の場を移し、道東を中心とした作品作りに専心する。
[写真展及び活動]
2005年 個展「Kamuy-Ruwe ~御神渡り~」・札幌市、個展「釧路湿原の四季」・釧路町
2006年 Myカメラアングル写真展出展・東川町
2007年 グループ展「ウォール・ギャラリー2」・東川町
2008年 個展「Ota・Oru・Nai」・小樽市、グループ展「ウォール・ギャラリー3」・東川町
2009年 グループ展「ウォール・ギャラリー4」・東川町
2010年 キヤノンカレンダー採用、キヤノンカレンダー作家展「Lightscape ~光彩の季(とき)~」・全国キヤノンギャラリー、「ピリカ モシリ」・キヤノンオープンギャラリー
2016年 釧路市立博物館 特別展:私の博物館 写真展「春採湖歳時記」・釧路市
2013年からオリジナルカレンダーを毎年作成
2017年からAmazon Kindle本にて電子書籍を出版
道新文化センター デジタルカメラ講師

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト