カートを見る

お買い物

スロウ編集者がセレクトした、北海道の「いいもの」を集めました。北海道という土地の豊かさ、それらを活かす人の手の温かさ…。北海道に住む人も、そうでない人も、そのすばらしさを感じてください。

【スロウなお買い物】北海道の食・雑貨・雑誌のセレクトショップ > 商品 > GOODS > 生活雑貨 > 及川農園の福寿草(1鉢) 2017年分受付終了しました。

早春の短い期間にだけ顔を出す福寿草。その一瞬の輝きを楽しんで。

早春に花開く

及川農園の福寿草(1鉢) 2017年分受付終了しました。

1,000円

春の歓びを、黄色い花と(1鉢入り)

冬、深い雪の下で芽を出し、春の訪れと共に北海道の至るところで黄色い花びらを咲かせる福寿草。春に種を採って乾燥させ、夏に畑に植えていき、掘り出すのは雪が深い2月半ば。園主の及川善志さんは腰辺りまで積もった雪をよけ、芽が出始めた福寿草を掘り起こします。野生の花の種を取るところから始め、3年後にようやく栽培に成功した及川さん。あえて野生に近い方法で育てるために、ビニールハウスではなく専用の畑に種を蒔いています。
ひと鉢あたりに、たくましく育った芽が5~7株。花が咲くまでに1週間ほど、その後は1ヵ月ほど花を楽しむことができます。花言葉は「幸せを招く」。春と一緒に新しい季節の幸福を連れてきてくれるかのようです。ひとつの命の生長と共に、自らの裡にも新しいエネルギーが芽生えてくることでしょう。

福寿草=「クナウノンノ」

スロウ発行元であるクナウマガジンの「クナウ」とは、アイヌ語の「クナウ・ノンノ」(福寿草)から名づけたもの。運命的なものを感じ、福寿草の通信販売をお願いするに至りました。ユーカラ(アイヌの神話)で「心を見抜く眼」にたとえられる福寿草。ありのままであることの美しさを教えてくれる、私たちが大切にしたい北海道の花のひとつです。

育成のコツ

①日の当たる涼しい場所に置いてください。
②水は土が乾燥しない程度にかけてください。
③葉が枯れないうちに庭に埋めると、翌年に発芽する可能性があります

スロウ49号掲載

数量 
《注意事項》

※商品はすべて作り手から直接発送されるため、送料は1点ずつ異なります。

※お届けまでに時間をいただく場合があります。

※離島などは送料が変更になる場合があります。

※熨斗を希望の方は備考欄に記入してください。

※商品のお届けは2017年2月20日~3月25日までです。


表記されている価格はすべて税込です。

商品詳細

商品サイズ

プラスチック鉢/4号(直径13×高さ13cm)  
福寿草/1鉢あたり5~7株 高さ約5cm(サイズはあくまで目安です)

商品内容 鉢植え福寿草×1個(プラスチックカップ蓋、サラ付き)

送料一覧

道内500円、道外1300円
※3セットまで同一の送料でお届けします。

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト