カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

クラフト蒼(下川町)

木に触れ、形作ることの喜び

作品から、臼田さんのシマエナガへの温かいまなざしが伝わります。

辿り着いたのは、下川町の自然の中

下川町のクラフト作家臼田健二さんは、今の穏やかな姿からは一見イメージしにくいですが、8年間東京でシステムエンジニアとして働いていた経歴を持っています。「作っても作っても、ソフトウェアはどんどん新しくなっていくんです。どんなに頑張っても、それが目に見える形として残らない。それが寂しくなって」。形に残るものを、作りたい。その思いは日に日に強くなりました。そして、30歳で仕事を辞めた臼田さんは、東京から北海道は旭川に移住。市の職業訓練校で木工の勉強を始めることになり、1994年、東川町に自身の工房を開くことになります。そして2015年に町の9割を森林が占める森の町、下川町へ。

素直で真っ直ぐなものづくりへの情熱

木工作家になろうと決めた頃、臼田さんが東京のアパートの部屋で最初に作ったのは、クジラの彫刻でした。忙しい合間を縫って無心で削り続けたのが、原点。「自分が木工作家としてやっていけるかどうかを試す意味もあったんです。建築現場から端材をもらってきて、いくつもいくつも作り続けました」。まるで、魂がそれを望んでいたかのような衝動。気負わない、あっさりとした口調で「一番は、自分の気持ちです」と言う臼田さん。好きなものを作りたいという欲求は、シンプルだからこそ素直で、真っ直ぐで、何よりも強い意志と成り得るのでしょう。

商品一覧

クラフト蒼の尾を振る小鳥の掛け時計 2羽タイプ

心落ちつく時を刻む

クラフト蒼の尾を振る小鳥の掛け時計 2羽タイプ

25,920円

クラフト蒼の尾を振る小鳥の掛け時計 1羽タイプ

心落ち着く時を刻む

クラフト蒼の尾を振る小鳥の掛け時計 1羽タイプ

19,440円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト