カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

あすなろファーミング(十勝清水町)

質の良い牛乳を届けることが信念

あるなろファーミングに並ぶ商品。牛乳をはじめ、のむヨーグルト、バターなどを販売。

ドイツで学び、今日がある

「牛の品評会で美しさを評価してもらうことや乳量を上げることに夢中になっていた時代に、ある人物のひと言から牛乳へ対する思い入れが変わった」と話すのは、村上牧場の代表、村上勇治さん。ドイツへ渡り、家族規模のオーガニック農場で牛乳の味に衝撃を受け、ノウハウを学んで帰国。日本に戻ってからは5年の歳月をかけて、1ヘクタールずつ化学肥料を使わない牧草地へと変えてきました。その努力の結果、牛に与える牧草は100%自家製。土作りにこだわった安心な牧草を含め化学肥料や農薬を使わない6種類の餌を与えて育てています。また、生乳は低温殺菌で加工し、商品となった牛乳の味も生乳の味とあまり変わらないよう考えられています。

父の思いを受け継ぐ兄弟

父・勇治さんの思いを理解し、長男博昭さんは村上牧場を管理・運営し、夫妻で牛の世話や搾乳をしています。次男・悦啓さんは直売店であるあすなろファーミングを統括。悦啓さんの妻佳奈さんは広報活動に勤しんでます。家族一丸となって真摯に取り組む姿勢は、従業員との輪を作る上でも大切なこと。チームワークの良い職場から生まれる商品たちです。今後は悦啓さんが中心となり、チーズ工房が作られる予定です。

あすなろファーミングでは、村上牧場と清水町の梶山牧場で生産される生乳を使用して、加工品を作っています。

商品一覧

あすなろセット

生乳本来の風味を味わう加工品

あすなろセット

3,000円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト