カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

カントリーホーム風景(鹿追町)

あたりまえの営みを積み重ねて

手入れの行き届いた清潔な牛舎。牛が自由に動ける、フリーストール形式。

さまざまな「風景」をイメージしてほしい

カントリーホーム風景があるのは、鹿追町の郊外。広々とした敷地内には牛舎、牧草地、カフェ、加工場、ドッグランまでが併設されていて、訪れる人々が思い思いの時間を過ごしています。「来てくれた人に、この場所でさまざまな『風景』をイメージしてもらえたら」。話してくれたのは、牧場主の清水さん。かつては酪農1本で経営していた清水さんですが、2000年頃からオリジナルの加工品づくりをスタートし、今ではアイス、ヨーグルト、チーズなどを手がけています。

土づくりから始まる、おいしいミルク

加工品を作るようになったことで、清水さんにも新しい発見がありました。「うちの生乳はこんなにおいしかったのかって、僕らがびっくりしたくらい」。手がけた製品を口にした消費者から届く、「おいしい」の声は何よりのモチベーションになっています。
おいしい生乳を作るには、牛が健康でないといけません。清水さんは、土づくり、牧草づくりから自らのものづくりを見つめます。栄養満点の早刈りの牧草を餌として与えるのも、牛の健康にいいと思うことを「あたりまえ」に続けてきた結果辿り着いた手法。酪農家としての営みが、おいしい加工品づくりにつながっています。

 

商品一覧

カントリーホーム風景の牧場手づくりギフト「ナギサ」

おいしいって、こういうこと

カントリーホーム風景の牧場手づくりギフト「ナギサ」

4,320円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト