カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

森のキツネ(愛別町)

ものづくりへの情熱を木に込めて

幼い頃からものづくりが好きだったという河野さん。 少年のように透き通った目がとても素敵。

悩んでたどり着いた、家具職人という道

愛別町、旧愛山小学校を拠点に活動する「愛山ものづくりビレッジ」。作家たちが集い、創作活動に励む場所です。そこで木の家具や小物造りに取り組んでいるのが、河野文孝さん。木と対話しながらものづくりと向き合う家具職人に憧れ、職業訓練学校で木工を学びました。

木と向き合う、幸せな時間

2013年の10年、独立を果たした河野さん。家具作りを始めてから、それ以外の世界のことは目に入らなくなったといいます。「すっきりとした材料からは、すっきりとした家具を。味のある木目からは、特長ある家具に。同じ樹種でも木目に合わせて作りますよ」と、幸せそうな顔で話してくれました。

商品一覧

森のキツネのシジュウカラのバードコール ギフト

身近な自然とおしゃべりを

森のキツネのシジュウカラのバードコール ギフト

6,372円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト