カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

しあわせチーズ工房(足寄町)

求め続けた味は、足元に

ありがとう牧場の皆さんと本間さん。

職人としての情熱が引き寄せた出会い

「おいしいのだけれど、自分が求める味ではない」。地元長野県の農業大学校を卒業し念願のチーズ職人として働いていた頃、本間幸雄さんの胸中には、いつも同じ思いがわだかまっていました。チーズの原料となる生乳や、牛そのものを知る必要がある。そう考えた本間さんは、北海道に渡ることを決意します。寸胴鍋とカセットコンロを車に積み込み、訪ねたのは放牧酪農を行っている牧場。搾りたての生乳を分けてもらってはその場でチーズを造り、また次の牧場へ。そんな日々の中、本間さんにひとつの出会いが訪れます。足寄町で放牧酪農を営む、ありがとう牧場の吉川友二さんです。広々とした放牧地を自らの意志で自由に歩き、そこに生える草を食べて生きる、ありがとう牧場の牛たち。人が牛を利用するのではなく、牛本来の生き方を手助けすることによって、恵みを分けていただく。吉川さんの真摯な姿勢に深く共感した本間さんは、牧場の住み込みスタッフとして1年間働くことに。吉川さんの豊富な知識と経験を吸収しながら、足寄という土地、そして牛たちとじっくり向き合うときを過ごした後、2013年に「ありがとう牧場しあわせチーズ工房」の名前でチーズ造りをスタートさせました。

生乳のおいしさをストレートに表現

2016年1月、およそ2年半の期間を経て、しあわせチーズ工房として牧場から独立を果たした本間さん。「個性」のあるチーズを求め、もがきながら鞣り着いたひとつの答え。それは、「個性とは、その土地にあるものを追求することによって、生まれてくるのではないか」ということ。ありがとう牧場の新鮮な生乳と食塩だけで造られるしあわせチーズ工房のナチュラルチーズからは、爽やかな草原の風や、懸命に生きる牛たちの力強さ、時に厳しく、時に優しい自然の息遣いが、真っ直ぐに伝わってきます。

珍しい羊乳のチーズ造りにも挑戦

同じ足寄町内の石田めん羊牧場とタッグを組んで、羊の生乳を使ったチーズ造りも始めました。日本では希少な羊乳を使ったチーズ。ほんのり香る、ラム肉のような味わいが特徴です。

スロウ48号掲載

商品一覧

しあわせチーズ工房のしあわせチーズセット

放牧牛乳の素直な味わい

しあわせチーズ工房のしあわせチーズセット

3,780円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト