カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

ファームレストラン 野島さんち(中札内村)

食欲そそる香ばしさ

自然解凍したタンドリーチキンは油を引かずにフライパンで焼き付けます。皮目から焼き付けると、パリッと香ばしく焼き上がります。

「今度は私の番…誰かがサポートしないと…」

店主の野島早希さんの父親である利美さんの発案で始まることになったレストラン。元々畑作農家である家業を継ぐつもりはなかった早希さんでしたが、父親のファームレストランの思いの強さを受け止めたいと思ったのです。美容師として好きな道を歩んできた早希さんだからこそ、これからは父がやろうとしていることを少しでも手伝えたらと考えたのです。

“自産自消”のファームレストラン

畑作は早希さんで既に4代目。時代の流れの中で利美さんは専業農家から自ら加工や販売を手掛ける6次産業に舵を切っていきました。そうした動きの中で消費者の声を直接聞けるようになり、ファームレストランに理想を抱き始めました。今では自分の畑で作ったものを自分たちのレストランへ。地産地消どころか、自産自消。家族ならではのチームワークで畑作農家ならではのチームワークが作られているのです。

 

商品一覧

ファームレストラン野島さんちのタンドリーチキン

食欲そそる香ばしさ

ファームレストラン野島さんちのタンドリーチキン

3,340円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト