カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

クラフトデザインタンノ(東旭川町)

木への愛情が伝わる繊細な仕事

穏やかな笑みを浮かべる丹野さん。その優しさは作風にも現れています。

温もりあふれる作風に、人柄がにじむ

東旭川に工房を構える丹野さんは、奥さんの洋子さん、長男の雅景さんと一緒に木の小物を中心に、家具のデザインや制作を行っています。木工クラフトひと筋で生きてきたというのに、丹野さんにはバリバリの職人といった怖そうな雰囲気はありません。自然体で、言葉が丁寧でいつもニコニコしていて、人の話を聞くのが上手。そんな優しい人柄が、木目を生かした素朴な作品にも現れています。

捨ててしまう「切れ端」が人気商品に

丹野さんが独立したのは今から30年ほど前。下請けやオーダー家具の仕事を受けながら、腕を磨いていきました。ある日ふと、木の切れ端を見て「小さなもの作り」を思いついたそう。そんな発想から生まれたのがカードホルダー。細かな蝶番やボタンも木で作られているほどの凝りようで、その繊細な細工に驚くばかりです。良質なものはいつまでも古びない。丹野さんの作品を手にすると、そんな言葉がふと浮かんできます。

スロウ47号掲載

 

商品一覧

クラフトデザインタンノのカードホルダー

毎日の必需品を木製品で

クラフトデザインタンノのカードホルダー

7,500円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト