カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

共働学舎(新得町)

熟成庫に眠るのは作り手の想い

代表の宮嶋夫妻。

何もない更地から始まったチーズづくり

共働学舎新得農場の宮嶋望代表とメンバーが、新得町の山の麓に住みついた時は、人と牛だけ。他には何もありませんでした。水道を堀り、廃棄されたプレハブで暮らしながら家を建てました。チーズの熟成庫も、札幌から持ってきた札幌軟石を削って積み上げて造りました。今では揺るぎないナチュラルチーズのブランドとなった共働学舎新得農場だが、そもそもチーズづくりが目的だったわけではありませんでした。

関わる人々の想いが詰まったチーズ

「はじめの頃、牛乳をしぼっても成績が悪いという理由で出荷できず、捨ててしまっていたんです」。あまりにももったいないからと宮嶋さんが始めたのがチーズづくり。しかしようやくできたチーズをとあるレストランに持っていくと、「こんなものはチーズじゃない」と門前払い。「絶対においしいチーズをつくってやる」と宮嶋さんの心に火がつきます。以降、レストランオーナーの厳しい舌も手伝ってチーズの質は向上していき、今やさまざまな賞を受賞する逸品へと成長したのです。

商品一覧

共働学舎新得農場のチーズ3点BOXセット          

自然のリズムに合ったチーズ

共働学舎新得農場のチーズ3点BOXセット          

3,370円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト