カートを見る

作り手の物語

北海道の素材に備わった魅力を最大限に引き出す作り手たち。その愛情たっぷりのストーリーを紹介します。

吉澤俊輔家具工房(島牧村)

北海道に根付く木が創作の源

道内産の木材と、自然由来の塗装にこだわる吉澤さん。もちろん、使いやすさも大切にしています。

地元を離れることで、その良さを見直す

島牧村出身の吉澤さん。独学で始めた家具制作は、いつしかライフワークに。木工技術を学ぶため、本州の飛騨高山やアメリカでも修業を積んできました。そうした努力が実を結び、吉澤さんの作品は数々のコンペで入賞を果たします。夢を追う過程で村を離れるたび、吉澤さんは「何もないと思っていた故郷が、じつは一番居心地が良い」と、地元への思いを強くしていったそう。2007年には島牧村に拠点を移して、創作活動に没頭しています。

作品に込めた自然への思い

吉澤さんが使用するのは、ナラ、ニレ、ブナといった北海道の木。製材から乾燥まで、自身の手で行うという徹底ぶりです。接着剤などはできるだけ環境に優しいものを使用するなど、その作品からも自然の循環を大切にする吉澤さんの思いが伝わってきます。

スロウ46号掲載

商品一覧

吉澤俊輔家具工房の北海道の木の積み木

五感を刺激する、木のおもちゃ

吉澤俊輔家具工房の北海道の木の積み木

12,960円

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト