カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

2017 3月

種村

雪とけて 現状見つめ 胸痛む

今朝カーテンを開けると「あ~やっぱり(雪)積もったのね~」と少々残念に思いました。
会社のガーデンも真っ白。スイセンの葉が、かろうじて顔を出してます。

今はもう雪はとけているようです。
今シーズンの雪はこれで最後でしょうか?

 話は変わり
先日、十勝清水に行ってきました。
雪で覆われていた災害跡が、雪どけと共に現れてきました。
日勝峠を下って町に入ってきたすぐの橋。
当時は家が流されている状況が報道されていました。
今は土嚢が並べられ、枝道は通行止め。

このアーチ橋も記憶にある方は多いのではないでしょうか?

橋の手前の方には、移住体験住宅があり
スロウの読者さんも短期移住をされていたことがありました。
今は数件あった家もなくなりこの状態に…

 この橋は上の写真の左手側になります。

学生の頃この橋を渡って、町営体育館部活やら何やらに通っていました。
今は国道274側からしか体育館にいけません。

 こちらはアーチ橋の裏側の方

木道の散策路がありました。
木の奥にはピクニックができる芝生、小川には水車もあり、
とても雰囲気の良いところでした。

 国道38号線の町に入ったすぐの橋は、落ちて通行止めでしたが、
右に若干迂回しています。(この写真は清水から帯広へ向かってます)

しばらく通行止めにはなっていましたが、
開通した時には本当に「人間ってすごいなぁ~技術はすごいな~」と思いました。

 月日が経ち、十勝の被害の大きさに驚いた昨年。
まだ行方不明の方もいらっしゃいます。
早くご家族のもとへ戻られることを祈ります。

芽室や大樹、音更など、どこの地域も今年の復興工事が始まります。
昔の情景や町並みとは変わり、寂しい気持ちもありますが、
十勝全体、皆でもりたてていけると良いなぁ~と思う今日この頃です。

ちょっとほっこり
清水で見つけた春。

 

家入

黒猫・春を待つの巻~

すっかり春らしくなった帯広からこんにちは!
日中はコートがなくても全然大丈夫~な陽気が続いています。
凛ときれいな冬も大好きですが、やっぱり春はトクベツな感じがあって毎年のことながら良いな~と思うのでしたヽ(^◇^*)/
鳥たちの声も聞こえるようになってきましたしね♪

さてさて、最近我が家では植物の栽培を始めました。猫の食用草、通称「猫草」(正式な名前は違います。イネ科の何か…)です!
水をやって日向に置いておけば芽を出すというお手軽さが素敵です…。
首尾よく育った猫草は、飼い猫の胃袋に収まる手はずとなっております。フッフッフv( ̄∇ ̄)

水をやって数日、先週末にふと見たら見事に芽を出していました。猫も興味津々。

あっ、ちょっと、まだ食べないでよ!と言ってる間に2~3日でニョキニョキと…!!植物の力ってすごいですね~。

1週間~10日で食べごろになると説明書にありましたので、猫はもうしばらくオアズケです(笑)
でもちょっとつまみ食いしてました…。

ちなみに、猫が草を食べる理由ははっきり解明されていないらしいです。毛玉を吐き出すためとか、食感を楽しんでいるとか、いろいろな説があるみたい(ネコペディア参照)。
まぁ、何はともあれ、いっぱい食べて元気に過ごしておくれ~という気持ちを込めて。
収穫までもう少し。猫にとっても春は待ち遠しかったりするのかしら?

片山

津別・美幌旅~クマヤキ三昧~

こんにちは。
先日、津別・美幌方面にドライブに出かけました。
今大人気の「クマヤキ」を堪能。

あいおい道の駅はとっても賑わっていました!

クマヤキの奥にネコ。やっぱりかわいいですね~。
そして、道の駅のさらに奥にある旧駅舎を使ったカフェへ。


「くるみの森」さん。雰囲気抜群です。
寒かったので、薪ストーブとホットカフェラテが冷えた身体に沁みわたりました…^^
オリジナルブレンドの珈琲豆も購入したので、家で淹れるのが楽しみです。

昔の運賃表も展示されていました。
当時は大阪市内まで16,500円で行けたんですね。
なんて思いを巡らすのも楽しい時間でした。

さらに北上し、美幌では話題のトマトラーメンをいただきました。

こちらは「中島珈琲 美幌茶房」さん。
ガツンと濃ゆいトマトの味が、とっても好みでした!
また食べたくなる味…

そして、駅前で発見した「君の名は」。

昨年から話題の「君の名は。」ではなく、「君の名は」。
昭和30年頃にはじまったラジオドラマのほうでした。
映画化もされていて、美幌がロケ地として一躍話題になったそうですよ。
美幌駅は物産コーナーも充実していて大好きです。

帰り道にはまた「クマヤキ」食べちゃいました。

頭から食べ進めながら気がついたのですが、
シッポがカワイイ!!

この造形は、津別町が誇る芸術家、
シゲちゃんこと、大西重成さんがデザインしたんですよ。
シゲちゃんはスロウ38号でも紹介しています。

津別→美幌は、ワタシ個人的に大好きなコース。
カフェや雑貨店も点在しているので、
じっくり下調べをして、お気に入りのお店を見つけてくださいね。

種村

愛媛県からの美味しい贈り物

おはようございます。

帯広は雪どけが進み、庭の土が見え始め
春が近づいていることを実感できるようになりました。

先ほど、昨夜のWBCを最後まで観戦し、
寝不足気味のところにお届けものが……

愛媛県にお住まいのスロウ読者の方から
デコポンと清見タンゴールをいただきました。
あたたかいお便りも添えられています。

S様ご馳走様です。
これから皆でいただいて、シャキッと今日も一日頑張ります。

種村

今日の撮影

こんにちは

今日は士幌牛100%の巨大ハンバーグを撮影しました。

カメラマンは東藤君。
料理の好きな彼は、料理写真を撮るのがうまい。
「好きこそ物の上手なれ」でしょうか?

さてさて、このハンバーグは、なんと500gもあります。
人の顔ほどの大きさがありました。
焼いているうちにだんだん高さが出てきました。
(焼き方が違ったのかなぁ~)

試食の感想は「にく~」と言う感じ。
肉の旨みが口の中いっぱいに広がります。
口の中で「とける~」というハンバーグではなく、
きちんと噛んで旨みを楽しむことができます。
肉好きには最高!!
でも、残念ながらスロウ通販では紹介してないんですよね~。
他の媒体に使う撮影でした。

美味しいお仕事大好きです。(^0^)v

~士幌町ってどこ?~
十勝の真ん中に位置しています。
アイヌ語で「シュー・オル・ベツ」と言うんですって
ウィキペディァ情報で、伝説によれば、昔その土地に忍び込んだ盗賊が村人に見咎められ、
鍋を水につけたままで逃げたことが由来となっているそう。

シューは鍋。オルは中。ベツは川。
(う~ん。そうなんだ~)

十勝平野を一望できる
「ヌプカの里」

モール温泉で源泉かけ流しの
「しほろ温泉プラザ緑風」

美味しいものを提供しているカフェ(スロウでもたくさんしょうかいしたなぁ~)
そして、スロウ通販で紹介しているヨーグルトの「さくら工房」さんもあります。

あ~行きたくなっちゃった。
春になったら私も出かけてみよぉ~。

 

種村

スロウ50号 裏話 カメラマン編

こんばんは

今日はカメラマンを紹介します。
菅原正嗣 30代 2児のパパ。
愛称 マー君(今は私しか呼んでない)
身長は、私よりはるかに高い。
私はわきの下にすっぽり入っちゃいます。
イケメンカメラマンとも言われています。
ま~かっこいいといえばかっこいいけど…
そんなイケメンの横顔は…

照れ屋で全然正面を向いてくれません。

そんな彼が撮った50号のベストショットはこちら

50号P76でご紹介させていただいた宮本豊子さんの笑顔。
良い笑顔でしょ。人となりがあらわれている写真。
マー君は人物を撮るのがとても上手。(だと、私は思っている)

他にも料理写真も上手。
つやっと感、しずる感があり、美味しそうに撮ってくれます。

この写真もいいでしょ。
単調な色の中にハーブティの色だけがきれいに出ています。

こんなショットも撮ります。

そして、おまけの一枚。
種の交換会で談笑する編集者です。

どうぞご贔屓に。

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト