カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

お気に入り

津別・美幌旅~クマヤキ三昧~

こんにちは。
先日、津別・美幌方面にドライブに出かけました。
今大人気の「クマヤキ」を堪能。

あいおい道の駅はとっても賑わっていました!

クマヤキの奥にネコ。やっぱりかわいいですね~。
そして、道の駅のさらに奥にある旧駅舎を使ったカフェへ。


「くるみの森」さん。雰囲気抜群です。
寒かったので、薪ストーブとホットカフェラテが冷えた身体に沁みわたりました…^^
オリジナルブレンドの珈琲豆も購入したので、家で淹れるのが楽しみです。

昔の運賃表も展示されていました。
当時は大阪市内まで16,500円で行けたんですね。
なんて思いを巡らすのも楽しい時間でした。

さらに北上し、美幌では話題のトマトラーメンをいただきました。

こちらは「中島珈琲 美幌茶房」さん。
ガツンと濃ゆいトマトの味が、とっても好みでした!
また食べたくなる味…

そして、駅前で発見した「君の名は」。

昨年から話題の「君の名は。」ではなく、「君の名は」。
昭和30年頃にはじまったラジオドラマのほうでした。
映画化もされていて、美幌がロケ地として一躍話題になったそうですよ。
美幌駅は物産コーナーも充実していて大好きです。

帰り道にはまた「クマヤキ」食べちゃいました。

頭から食べ進めながら気がついたのですが、
シッポがカワイイ!!

この造形は、津別町が誇る芸術家、
シゲちゃんこと、大西重成さんがデザインしたんですよ。
シゲちゃんはスロウ38号でも紹介しています。

津別→美幌は、ワタシ個人的に大好きなコース。
カフェや雑貨店も点在しているので、
じっくり下調べをして、お気に入りのお店を見つけてくださいね。

今日の撮影

こんにちは

今日は士幌牛100%の巨大ハンバーグを撮影しました。

カメラマンは東藤君。
料理の好きな彼は、料理写真を撮るのがうまい。
「好きこそ物の上手なれ」でしょうか?

さてさて、このハンバーグは、なんと500gもあります。
人の顔ほどの大きさがありました。
焼いているうちにだんだん高さが出てきました。
(焼き方が違ったのかなぁ~)

試食の感想は「にく~」と言う感じ。
肉の旨みが口の中いっぱいに広がります。
口の中で「とける~」というハンバーグではなく、
きちんと噛んで旨みを楽しむことができます。
肉好きには最高!!
でも、残念ながらスロウ通販では紹介してないんですよね~。
他の媒体に使う撮影でした。

美味しいお仕事大好きです。(^0^)v

~士幌町ってどこ?~
十勝の真ん中に位置しています。
アイヌ語で「シュー・オル・ベツ」と言うんですって
ウィキペディァ情報で、伝説によれば、昔その土地に忍び込んだ盗賊が村人に見咎められ、
鍋を水につけたままで逃げたことが由来となっているそう。

シューは鍋。オルは中。ベツは川。
(う~ん。そうなんだ~)

十勝平野を一望できる
「ヌプカの里」

モール温泉で源泉かけ流しの
「しほろ温泉プラザ緑風」

美味しいものを提供しているカフェ(スロウでもたくさんしょうかいしたなぁ~)
そして、スロウ通販で紹介しているヨーグルトの「さくら工房」さんもあります。

あ~行きたくなっちゃった。
春になったら私も出かけてみよぉ~。

 

スロウ50号 裏話 カメラマン編

こんばんは

今日はカメラマンを紹介します。
菅原正嗣 30代 2児のパパ。
愛称 マー君(今は私しか呼んでない)
身長は、私よりはるかに高い。
私はわきの下にすっぽり入っちゃいます。
イケメンカメラマンとも言われています。
ま~かっこいいといえばかっこいいけど…
そんなイケメンの横顔は…

照れ屋で全然正面を向いてくれません。

そんな彼が撮った50号のベストショットはこちら

50号P76でご紹介させていただいた宮本豊子さんの笑顔。
良い笑顔でしょ。人となりがあらわれている写真。
マー君は人物を撮るのがとても上手。(だと、私は思っている)

他にも料理写真も上手。
つやっと感、しずる感があり、美味しそうに撮ってくれます。

この写真もいいでしょ。
単調な色の中にハーブティの色だけがきれいに出ています。

こんなショットも撮ります。

そして、おまけの一枚。
種の交換会で談笑する編集者です。

どうぞご贔屓に。

北海道新幹線H5系とずーしーほっきー!

こんにちは。ご無沙汰しております。
ワカメこと片山です。

先日、出張で道南方面へ行く機会がありました。
そこで、話題の北海道新幹線の駅へ!

写真は北海道上陸後の最初の停車駅である木古内駅
駅が町の中心部にあって、道南いさりび鉄道(旧江差線の一部)や
バスターミナルも併設していて、函館や松前・江差へのアクセスが便利な立地でした^^

ちょうど、はやぶさのH5系に出合うことができました!
北海道新幹線には、「E5系」と「H5系」の2種類があるって知ってましたか?
東北新幹線はやぶさとして始まったE5系は車体の帯の色がピンク色で、
側面に鳥のハヤブサをモチーフにしたロゴマークがついています。
一方、JR北海道の所有車両であるH5系は、
帯の色が北海道のラベンダーやライラックをイメージしたパープル!
そして、側面のロゴマークは北海道のカタチなのです。

ちなみに内装にも違いがあって、
H5系はカーペットが雪の結晶や流氷をモチーフにしているんですよ。
乗り比べてみるのも楽しそう~^^
…と、(にわか知識で)盛り上がりました♪

そして、もうひとつの新幹線駅である
新函館北斗駅でおみやげに買ったのがコチラ

盛り付けはあまり美しくないですが…笑
湯豆腐に浮かぶアヤシイ子たち…。
北斗市の人気者「ずーしーほっきー」が昆布になっています!
彼の本来の姿はコチラ。

いやー・・・・キモチワルイですね(失礼)。
実は、私個人的にはこのキャラクターが苦手…
だって目が怖いんだもん!!笑
けれど、昆布はとっても可愛らしく仕上がっているような気がします。
(ちなみに鍋に入っている豆腐は帯広市、とやま農場の黒豆豆腐!
濃厚でおいしい~。シンプルな昆布ダシによく合います。)

ギュッと丸まった乾燥昆布を
お湯に入れるとフワッと広がって「ずーしーほっきー」が出現。
お子さまも喜びそうですね。

「北斗市×ずーしーほっきー×昆布」。
ゆるキャラの商品は各地にたくさんある中でも、
海辺の町の特徴を活かした個性あふれる素敵な商品でした。
十勝×こぞう×●●」だと、何がいいかなぁ~

良い案があったら教えてくださいね。

さてさて。スロウの最新号50号でも、昆布のご紹介がありますよ。
コチラは打って変わって、大人っぽいオシャレな昆布。
ナナクラ昆布」、よろしくね~

と、しっかり宣伝もしたところで、今日はこれにて!

スロウ50号裏話 vol,2

こんばんは

いよいよ明日、店頭発売のスロウ50号。
巷では村上春樹さんの「騎士団長殺し」が話題ですが…

さて、今日のターゲットは、スロウな旅北海道 編集長 鎌田 暁子さんです。
(スロウはスロウ編集部の編集者とスロウな旅北海道の編集者で作っています)

Q1.50号で「成長したな自分」と思うことは?

 A.成長できていないなぁ~。文章を書くということについて「まだまだ」が増えている日々。
 書けば書くほど難しい。

Q2.50号の取材でジーンときたのは?

 A.P143で掲載している郷土誌「ふるさと」を取材したこと。
    ふるさとは今春に出る号が最終号なので…
    郷土の魅力を伝えることの大切さをあらためて感じました。
    私にとっても節目(スロウ50号発行)の時に取材できてよかった。

Q3.50号の取材であちらこちらに行っていますが一番美味しかったものは?

  A.P56で紹介のミリケンさん取材時の料理教室でいただいた鱈料理。
     あいにく写真は載っていませんけどね。

Q4. 50号思いでのショット
   A.思い出写真は、焦がしちゃった餃子です。
(佐藤さんちのぎょうざの撮影時)
  再撮した美しい餃子は本誌誌面やWEBで!


残念!!
焦げだけ落として、美味しくいただいたよね。

ちょっとおまけのQ5.出張で家を空ける時、旦那さんは寂しい~って言わない?
   A.言う。
   「この日は出張で居ないよ」って言ったらグスンとしょげてる~。

あ~ご馳走様です。仲いいもんね。

旦那さんにはスロウのために我慢していただきましょう。

 

 

スロウ50号定期購読者様への発送完了♪

定期購読者の皆様への発送を完了しました。

昨日は宛名に一枚ずつDM便シールを貼り

定期購読者の方々への「くなまが通信」も刷りあがりました。
特典なのでちょっとモザイクを…ごめんなさい。

そして、1件ずつ発送用袋にセット。
ここまでは昨夜までの仕事。

今日は本誌を詰めて発送です。
インターンシップ生のO君も手伝ってくれました。
袋詰めの時は、取材時のことはもちろん色々なことを話しながら、
時には(?)黙々と手を動かしたりと、楽しく行ってます。
今日は「常備菜」や「藤丸のチラシ」のことも話したなぁ~。
創刊当時は一日かかっていた作業も、冊数が増えたにもかかわらず
スピードアップしています。

50回発送しているのに創刊当時からの手作業は変わりません。
定期購読者の名前を確認しながら、1件1件心を込めてお届けいたします。
委託先の方へは明日になります。ごめんなさい。

書店での店頭販売は2月25日です。
どうぞよろしくお願いいたします。

スロウ50号裏話 Vol,1

50号発行にあたり副編集長 片山静香さんに色々聞いちゃいました。

Q1.この表紙にした決め手はなぁに?
 A.第一印象で「かわいい」と思えたからです♪
    知恵の木の実ともいわれるリンゴ。アダムもイブに分け与えて…
    分かち合うの原点の意味合いを感じました。

Q2.どうしてこの巻頭特集にしたの?
 A. ある日突然、編集長が言い出しましたぁ。
   昔は知識や情報を子孫や近所の人々に伝え分かち合いましたが、
   今はインターネットなどで情報交換を熱心にしています。
   価値観を大事にしているところが面白いと思い、編集者の意見が一致しました。

Q3.50号で「成長したな自分」と思うことは?
 A.「たねたね交換会~」の記事を書くのに種の品種改良についてすっごく勉強しまた!!  
        遺伝子組み換えとかについても。
    知識がないと全然かけないので、あらためて勉強して書きました。

Q4.50号思いでのショットは?

P90~91で紹介しているGOCHI SOAPを作っているマーヴェラスの代表志水さんご夫妻。
高砂酒造を訪れた時の一枚です。
大吟醸はお米を削って中心を使います。お米を削った違いを見て感動しているところです。
(販売するソープは種類が違うお米の酒粕使用)

場所を移して、こちらでも熱心にご説明いただきました。

いやいや本当に編集者のみんなには頭が下がります。(身内びいきでごめんなさい)
と、言うかどんだけの知識が入っているのでしょう。
脳のしわどんだけなんだろうなぁ~。

次回のターゲットは誰かお楽しみに!

 

 

スロウ50号製本中

今日の帯広は春を思わせるような暖かさ。
う~ん、ちょっと言い過ぎかな?

そんな中、今日も工場はフル稼働。
スロウ50号を製本中です。

表紙を巻いた状態。

年季の入った断裁機でしょ~。

本を揃えて並べます。

すっぱりと断裁され、バサーッと切れ端が流れます。

向きを変えての工程が続きます。

これからどんどん積み重ねられます。

50号の内容はまた後日。
お楽しみに~。

帯広の空 vol,22

久しぶりに
今朝の帯広の空です。
ところどころうっすらと雲がありましたが、穏やかな朝でした。

現在の帯広も風がなく穏やか。
雪どけもだいぶ進んでいます。
このまま春へ…と行かないのが北海道。
あと何度、雪が降るのでしょうかね。

 話は変わり…
最近身体の冷えが悩みの種。
内臓から冷えている感があり、そのせいか体重が増える増える。(ん?これは別問題か?)

最近は「からだ暖まるブレンドティー」や「ルイボスティー」を飲み、

カイロ代わりに「なごみ温」を使ったり(*お届けの柄は異なります)

「とんがりソックス」をはいて過ごしてます。

これに「あとりえMOONのおしゃれはんてん」や


siripokkeのストール」がれば最高なんですけどね。

来シーズンのために貯金しなきゃ。

しおり、使ってますか?

こんにちわ♪デザイン担当のA坂です。

ところでみなさんは「しおり」って使ってますか?
私ごとですが、最近本を読むことがすごく増えました。
本屋が好きで結構な頻度で行くんですが、
一冊読み終わる前に新しい本を買ってしまうことが多く(笑)、
可愛いしおりがあったらな〜なんて思っていたところです。

印刷会社でたくさん紙もあるし、書籍を発行してるんだから
オリジナルグッズとしてしおりは作るべきでは…?!と思い立ち、
クナマガオリジナルしおりを作ってみちゃいました(勝手に)。

こちらドット柄かと思いきや、よく見るとこぞう顔デザイン。

こちらはスロウな旅北海道別冊地域版の表紙柄。
北海道ご当地しおりっぽくて可愛いぞ…!(左から函館、小樽、ニセコ、知床、富良野美瑛)

とりあえず、わたしの自己満で作ってみただけなのですが、
もしかしたら今後商品化するかもしれません…♪笑

帯広の空 vol,21

こんにちは

今朝の帯広はぷかぷか雲が浮いてました。

朝6時の気温は-18.3度。中標津は-22.5度と冷え込みました。
日本海側の地域は荒れている模様。
15日までは寒気が入り込んで気温が上がらないとのこと。
皆さん、暖かくして過ごしましょうね。

昨夜は月も星も、くっきりととてもきれいに見えました。
その分寒かったですもんね。

帯広の空 vol,20

こんにちは

今朝の帯広は空が青かったぁ~

日高山脈の上の方には、うっすらと雲がかかっていました。

また、今朝はうっすらと雪が積もっていました。
グレー色だった駐車場の雪山が薄化粧。

出社時には総務課のO氏が駐車場の除雪作業中でした。

さてさて、3連休の方も多かったと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしたか?
我が家は正月飾りを外し、七草粥をいただきました。
「一年間の無病息災を願うとともに、お正月に負担をかけた胃腸を休めるため」ということから
朝、七草粥をいただく風習がありますね。

が、
七草を買い忘れちゃいましたぁ~
なので夕食でいただきました。
胃腸を休めるためのお粥。
しかし、我が家の食卓はいつもの通り。
相変わらず酒につまみが並びます。
それで、〆にお粥を…
一年間の無病息災を願いながらいただきました 。

11日は鏡開き。あべかわ餅にしようか、お雑煮か?
15日は小正月でどんど焼き。小豆粥を食べなきゃ。
あ~まだまだ胃腸は忙しい。

 

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます! デザイン担当のA坂です。
新年を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は実家に帰省するなり風邪を引いてしまい、
おせちやお酒の味があまりわからないという悲しいお正月を送っていました…
でもインフルではなかったのでよかったとします。笑

鏡餅こぞう、可愛くありませんか?
我ながらなかなかお気に入りです^^

本年も、クナウマガジンをどうぞ宜しくお願いいたします。

皆さん良いお年をお迎え下さいね

こんばんは

本日をもって2016年の業務を終了いたします。
皆様今年もたいへんお世話になりありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日の帯広は
朝は快晴だったのに
昼には雪に…

そんな中、皆で大掃除開始です。
トイレ掃除から始まり

壁紙の塗り替え

編集部はモスグリーンに塗り替えます。

壁の色、わかりますか?
きれいになった壁の前でご満悦の高原さんです。

2017年1月5日から営業いたします。
お休みの間ご不便をおかけいたしますが
どうぞよろしくお願いします。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

スロウな旅北海道別冊表紙のヒミツ…?

こんにちは!デザイン担当のA坂です。

ただいま来年の5月発行予定の
スロウな旅北海道別冊(地域版)を2冊制作中です!

 

そうそう、このスロウな旅北海道別冊シリーズ(地域版)の表紙には
実はヒミツが隠されているんですよ!ご存知でしたか?

旅函館 旅富良野 旅小樽

 

なんと…

この表紙のどこかにこぞうが隠れているんです…!!!!

 

このブログを読んでくれたアナタには特別に大ヒントです! 

 

blog%e7%94%a8%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%bf%e9%9a%a0%e3%82%8c%e3%81%93%e3%81%9d%e3%82%99%e3%81%86

 

 

ただいま制作中の2冊のどこかにももちろん隠れているので
楽しみにしててくださいねっ^^

帯広の空 vol,18

こんにちは
今朝の帯広は、雨混じりの雪が降っていました。
dsc_0501

午前中は横殴りの雪が降っていましたが、今は快晴。
時々強風が吹いていますけどね。

今朝の雪、退社時までに解けるかしら?
ツルツルの路面は恐いので、乾いて欲しいなぁ。

さてさて、12月も5日を過ぎました。
皆さんは、クリスマスプレゼントやお歳暮はもう決まりましたか?
私はまだ迷ってます。

スロウ通販では今年
岡嶋水産の生乾ししゃも,フューモアールの海の燻製スロウセレクトが人気です。
私も関東方面の方に両方使わせていただきました。
とても好評でしたよ。
今年はどうしましよう~。
迷ってます。
急がねば。

冬のエゾシカエコツアーに行きたい!

こんにちは。

スロウ42号掲載の、西興部村の伊吾田さんから、楽しいツアーのご案内が届きました。

その名も「エゾシカエコツアー」!!

伊吾田さんはNPO法人西興部村猟区管理協会に所属して、

エゾシカを地域資源として活用するさまざまな道を模索しています。

スロウ42号では、簡単でおいしい「エゾシカのハム」と「シカ肉のスモーク」の

レシピを教えて頂いたんですよね。

こんなふうにスモークの機械の使い方も教えてもらって・・・。

%e3%82%a8%e3%82%be%e3%82%b7%e3%82%ab%ef%bc%bf16

おいしいシカ肉の保存食の出来上がり!

%e3%82%a8%e3%82%be%e3%82%b7%e3%82%ab%ef%bc%bf22

おいしかったなぁ~。

さて、エゾシカエコツアーの内容はというと。

ハンティング見学からジビエディナー、シカ革クラフトの体験に加えて

アイスキャンドル作りやスノーモービル体験など、

冬の北海道を丸ごと、丸ごと、丸ごと!!!楽しめてしまう、とってもステキなプログラムなのです。

非常に贅沢な内容ですよ!良いですねぇ~。

詳細とお申し込みはコチラ←から。

もしかしたら、スロウ編集部のスタッフも参加しちゃうかも…??

H28エゾシカエコツアーin winter
【期日】2017年2月10日(金)—12日(日)
【対象】ハンティングやジビエ料理に興味のある人15名
【料金】1名27,000円(ジビエディナー、11日ランチ、スノーBBQ食費含む、その他食事と宿泊費別)
※学割料金13,500円。
※今年度はモニターツアー試行のため、1名15,000円 学生7,000円。アンケート等あり。
【宿泊】各自予約(オホーツク紋別空港からの送迎応相談)
ホテル森夢 0158-87-2000 ※村内唯一のホテル
【スタッフ】中原会長、伊吾田順平、伊吾田良子、伊吾田鈴
【講師】酪農学園大学生命環境学科 伊吾田宏正 
  森林総合研究所北海道支所森林生物研究グループ 松浦友紀子
  スノーモービル達人 橋場義昭
【申込み】電話・メールにて問い合わせ後、参加申込書を送付。

http://www.vill.nishiokoppe.hokkaido.jp/Villager/Ryouku/index.html

帯広の空 vol,5

おはようございます。
今日の空。
雲はあるもののとても綺麗な空の色です。dsc_0449
やはり気温は低く氷が張っています。今日の最高気温は5度の予報。寒いですね~。
dsc_0450

昨年の11月16日の最高気温は16度。
昨年の11月15日の最高気温は9度。今年は13度。
となると、この時期は結構気温差があるのですね。

こう寒くなるとスキー場のオープンも早くなりますね。
道内一オープンが早かったのは中山峠スキー場。
今朝、さらさらの雪の中でTV中継されていました。
その中で「道内一は中山峠スキー場。
では日本一オープンが早いスキー場は?」との問いがありました。

日本一は、静岡県の富士山2合目にある「イエティ」スキー場とのこと。
さすが日本一の富士山!!

今年の冬も転んで怪我をしないように気をつけよう。
数年前に転んで身体を強打した後遺症がまだあるので…

秋の味覚到来

雨が降っている帯広から
こんにちは
今日は全道的にお天気が悪いようですね。
体調管理に気をつけてまいりましょう。

さてさて、編集部に秋の味覚の品が届きました。
1

新潟のOさんからのプレゼント。
今年もいただきました。
大きな栗を手にしてみんなこの表情
2

あまり駄洒落を言わないKさんが「大きな栗にビッ栗」と
栗を目に当て言ってしまうほどの大きさ。

編集長のMさんが、早速昼休みに茹でてきてくれました。
3

ホクホクしていて美味!!
実は新潟のOさん。
先月編集部にお友達と遊びに来てくださいました。

この写真は、弟子屈の渡辺体験牧場での一枚。
今回も綿密なスケジュールを立て、お友達を感動させたそうです。
image1

現在編集部は、10月発行号の下版作業中です。
スロウ村までも1週間をきりました。
ワタワタと慌しい中、嬉しいひと時をいただきました。

 

いらっしゃいませ~

おはようございます。

帯広は朝から大雨。おまけに湿度が高い!
今まで帯広でこんな湿度を体感したことがあったかしら?
年々天候不順、天候不順と不思議な現象が現れますね。

本州では高温注意報が広範囲で発令されてますし、
皆さん!!身体に気をつけて過ごしましょうね。

さてさて
昨日、埼玉県在住の定期購読者「小嶋さんファミリー」が、
編集部を訪ねて来てくださいました。小嶋さん
                     (小嶋さんファミリー&鎌田)十勝にご親戚がいるとのことで、今回も十勝を満喫されたご様子です。
上士幌で行われたバルーンフェスティバルも楽しまれたそうです。

もうそろそろ千歳空港へ向かわれる頃かしら。
雨は大丈夫かな?
そして、ご自宅がある関東地方は高温……ご注意いただきたい。
またお会いできる日を楽しみにしていますね。

6月には新潟在住の秋山様がお友達の高橋様と来社して下さいました。
写真を撮り忘れちゃぃましたが……

みなさんも遊びにいらしてくださいね。

1 / 212

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト