カートを見る

BOOKS

スロウ編集者がセレクトした、北海道の「いいもの」を集めました。北海道という土地の豊かさ、それらを活かす人の手の温かさ…。北海道に住む人も、そうでない人も、そのすばらしさを感じてください。

今ここで残さなければ消えてしまう、北海道の開拓期を生き抜いてきた先人たちの知恵や技術。それは生きていく力そのものでもあった。

伝え繋ぐことの意味

northern styleスロウ vol.25

905円

巻頭特集 伝え繋ぐことの意味

何もしないままでは、現代の新しい情報に埋もれ人々の記憶から消え去ってしまうだけの先人たちの知恵や技術。北海道の地を生き抜いてきた彼らの、力強い生命力とも呼べるべきそれらを後世に伝え残さなければと思うのです。

contents

005 【連載】 記憶の中の風景 vol.25
014 巻頭特集 「伝え繋ぐことの意味」
 015 生きる術を伝え残す人
 016 冬山に篭り木を伐る、南部山子の暮らし。
 024 端切れと古着は私の宝。捨てない心で80年
 032 靴や手袋は畑から。必要な生活道具は藁で作る。
 039 みんなでみつけた日高の宝もの。
 046 江差いにしえ街道
 054 おかん料理を楽しむ会in北海道
 057 昔懐かしいレトログッズを楽しもう
 062 滝上町で生きた先人たちの軌跡を訪ねて
066 【連載】北海道ゆったりある記17
072 いのちを迎える伴走者たち
083 【連載】スロウセレクション Vol.25
088 【連載】道産素材で作る 女将のレシピ
092 昆布はもっと、楽しめる。
100 特別企画 冬のいいもの
108 ものづくりで社会と繋がる
112 足腰が弱って来たとき、手を貸してくれる椅子
114 暮らしに映える木のクラフト⑫
121 村をめざした宮ノ丘幼稚園
130 私が作るのは、私が作りたいもの
135 風土を活かした循環型酪農
142 歩行器にもなる木の椅子
148 北海道の木が家になるまで
156 キャンピングカーなら、冬はもっと楽しめる
158 【連載】宿へ、旅しよう
166 【連載】ワガハイは…
168 【連載】北海道 来るべき未来を見つめて
173 【連載】スロウなカフェを訪ねて
180 【連載】鈴木周作のさっぽろ市電日記
184 今回の取材先MAP
188 【連載】オソツベツ原野の廃屋から

数量 
《注意事項》

※お届けまでに時間をいただく場合があります。
※日本全国送料無料。
※掲載内容は取材時のものです。閉店、移転、営業時間の変更など、情報が最新のものではない可能性があります。


表記されている価格はすべて税込です。

商品詳細

商品内容 A4判 オールカラー190頁
発売日 2010年10月25日発売

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト