カートを見る

BOOKS

スロウ編集者がセレクトした、北海道の「いいもの」を集めました。北海道という土地の豊かさ、それらを活かす人の手の温かさ…。北海道に住む人も、そうでない人も、そのすばらしさを感じてください。

春を迎えると、咲き競うように美しい姿を見せてくれる花々。その魅力を感じに、楽しみながら花を育てている人たちの小さなガーデンへ。

ようこそ、花咲く小さな庭へ

northern styleスロウ vol.36

905円

巻頭特集 ようこそ、花咲く小さな庭へ

北海道の短い夏を楽しむガーデナーたち。個人の庭を開放するオープンガーデンの動きがあちこちで始まっています。小さなスペースながら、それぞれの表情に満ちた花いっぱいの特集です。

contents

7 [連載]記憶の中の風景 vol.36
16 巻頭特集 ようこそ、花咲く小さな庭へ
18 恵庭市 「花のまち」としての誇りを、子どもたちへ
 鈴木さんの庭
 バラ園や日本庭園など、それぞれの世界観が心地よく同居する場所
 杉若さんの庭
 小さな変化を見逃さない、心の目を養う。整えられた色彩がもたらす心の平穏
34 ガーデンに導かれるようにしてこのまちへ
 平井さんの庭
 斉藤さんの庭
38 十勝 自分が楽しくあるための庭づくり
 田中さんの庭
 様々な人との関わり合いのなかで、一枚の絵を描くように庭をつくる楽しさ
 夢の館の庭
 自然の営みを肌で感じ取ることができ、歩きながら想像力を膨らませてくれる庭
 関根さんの庭
 厳しい寒さを耐え忍んだバラが魅せる香り立つ幻想的な花園
 戸部田さんの庭
 居心地のよい庭づくりの根幹にあったのは20年の献身が築いた植物との信頼関係
52 夢広がる、ハーブの寄せ植え体験記
55 花カフェ日和。
68 [連載]北海道ゆったりある記[帯広市]
74 草花と共に歩んできた波多野美紀子さん 草花を育て、旬の時期に刈り取り、ドライフラワーやリースを作る。[森町]
 121 昔懐かしの路地裏芸
 涙も、笑いも、思い出はいつも路地裏にあった
 130 まっしろな服に、少しのときめきを。
 とみおかクリーニングの挑戦 その後編
 134 木に触れ、形づくることの歓び
 クラフト蒼の、ものづくり
 141 新しい観光のカタチ
 鶴居村の「暮らす旅」という提案
 146 牧場に生きる安藤登美子さん
 あの日、3人で描いた夢を今も紡ぎ続けて
 152 北海道から一番近い外国 サハリン
 160 [連載]宿へ、旅しよう[函館市]
 162 [連載]ワガハイは…。[サハリン]
 164 [連載]北海道来るべき未来を見つめて[札幌市]
169 [連載] スロウなカフェを訪ねて
 木の葉食堂+カフェ[札幌市]
 CAFE MEDERU[砂川市]
 Verre Bois[小樽市]
 176 [連載]道産食材で作る 女将のレシピ[音更町]
 178 [連載]鈴木周作のさっぽろ市電日記[札幌市]
 188 [連載]とりのはなし アマツバメ

数量 
《注意事項》

※お届けまでに時間をいただく場合があります。
※日本全国送料無料。
※掲載内容は取材時のものです。閉店、移転、営業時間の変更など、情報が最新のものではない可能性があります。


表記されている価格はすべて税込です。

商品詳細

商品内容 A4判 オールカラー190頁
発売日 2013年7月25日発売

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト