カートを見る

スタッフブログ

クナウマガジンのスタッフブログ。日ごろ感じていることや、ふだんどんな仕事をしているか、取材先レポート、おすすめの商品情報などをお伝えします。

種村

種村

スロウ51号が刷り上がり始めました!

こんにちは

スロウ51号が刷り上がり始めています。
出来立てホヤホヤ。

早速、定期購読者の皆様への発送準備作業を行います。

お届け先変更がお済でない方は、大至急ご連絡願います!!
tel 0155-38-4188

fax  0155-34-1287
HP問い合わせホーム

店頭販売は5月25日です。
お楽しみに♪

種村

今年も始まります!無漏路のランチ♪

スロウで連載している女将のレシピ。
50号掲載でレシピ数42回となりました。

その女将さんが切り盛りする「無漏路」でのランチが明日から始まります。


今日はプレオープンのご招待を受け行って来ました。
そこで皆さんにご報告。

献立

全てはこの満面の笑みでお分かりいただけることでしょう。
美味しかった~。

無漏路
音更町十勝川温泉

電話 0155-46-2121(ホテル大平原)

種村

只今、51号商品撮影中

こんにちは

只今、撮影中です。

外での撮影を考えていましたが、
強風のため玄関の中で撮影。
外で写した風に…と編集者の要望。
さてさて、カメラマンはどのように応えるのか。
スロウ51号(5月25日発行)で、どのように表現できているのかをお楽しみに!

今日も暖かい帯広です。
春を通り越して、初夏を思わせるような気温だった昨日。
ソーゴーガーデンのクロッカスは、急いで花を咲かせたようです。

おまけ
スタジオでの真剣な眼差し。

カメラマン 菅原正嗣(マー君)

 

 

種村

雪とけて 現状見つめ 胸痛む

今朝カーテンを開けると「あ~やっぱり(雪)積もったのね~」と少々残念に思いました。
会社のガーデンも真っ白。スイセンの葉が、かろうじて顔を出してます。

今はもう雪はとけているようです。
今シーズンの雪はこれで最後でしょうか?

 話は変わり
先日、十勝清水に行ってきました。
雪で覆われていた災害跡が、雪どけと共に現れてきました。
日勝峠を下って町に入ってきたすぐの橋。
当時は家が流されている状況が報道されていました。
今は土嚢が並べられ、枝道は通行止め。

このアーチ橋も記憶にある方は多いのではないでしょうか?

橋の手前の方には、移住体験住宅があり
スロウの読者さんも短期移住をされていたことがありました。
今は数件あった家もなくなりこの状態に…

 この橋は上の写真の左手側になります。

学生の頃この橋を渡って、町営体育館部活やら何やらに通っていました。
今は国道274側からしか体育館にいけません。

 こちらはアーチ橋の裏側の方

木道の散策路がありました。
木の奥にはピクニックができる芝生、小川には水車もあり、
とても雰囲気の良いところでした。

 国道38号線の町に入ったすぐの橋は、落ちて通行止めでしたが、
右に若干迂回しています。(この写真は清水から帯広へ向かってます)

しばらく通行止めにはなっていましたが、
開通した時には本当に「人間ってすごいなぁ~技術はすごいな~」と思いました。

 月日が経ち、十勝の被害の大きさに驚いた昨年。
まだ行方不明の方もいらっしゃいます。
早くご家族のもとへ戻られることを祈ります。

芽室や大樹、音更など、どこの地域も今年の復興工事が始まります。
昔の情景や町並みとは変わり、寂しい気持ちもありますが、
十勝全体、皆でもりたてていけると良いなぁ~と思う今日この頃です。

ちょっとほっこり
清水で見つけた春。

 

種村

愛媛県からの美味しい贈り物

おはようございます。

帯広は雪どけが進み、庭の土が見え始め
春が近づいていることを実感できるようになりました。

先ほど、昨夜のWBCを最後まで観戦し、
寝不足気味のところにお届けものが……

愛媛県にお住まいのスロウ読者の方から
デコポンと清見タンゴールをいただきました。
あたたかいお便りも添えられています。

S様ご馳走様です。
これから皆でいただいて、シャキッと今日も一日頑張ります。

種村

今日の撮影

こんにちは

今日は士幌牛100%の巨大ハンバーグを撮影しました。

カメラマンは東藤君。
料理の好きな彼は、料理写真を撮るのがうまい。
「好きこそ物の上手なれ」でしょうか?

さてさて、このハンバーグは、なんと500gもあります。
人の顔ほどの大きさがありました。
焼いているうちにだんだん高さが出てきました。
(焼き方が違ったのかなぁ~)

試食の感想は「にく~」と言う感じ。
肉の旨みが口の中いっぱいに広がります。
口の中で「とける~」というハンバーグではなく、
きちんと噛んで旨みを楽しむことができます。
肉好きには最高!!
でも、残念ながらスロウ通販では紹介してないんですよね~。
他の媒体に使う撮影でした。

美味しいお仕事大好きです。(^0^)v

~士幌町ってどこ?~
十勝の真ん中に位置しています。
アイヌ語で「シュー・オル・ベツ」と言うんですって
ウィキペディァ情報で、伝説によれば、昔その土地に忍び込んだ盗賊が村人に見咎められ、
鍋を水につけたままで逃げたことが由来となっているそう。

シューは鍋。オルは中。ベツは川。
(う~ん。そうなんだ~)

十勝平野を一望できる
「ヌプカの里」

モール温泉で源泉かけ流しの
「しほろ温泉プラザ緑風」

美味しいものを提供しているカフェ(スロウでもたくさんしょうかいしたなぁ~)
そして、スロウ通販で紹介しているヨーグルトの「さくら工房」さんもあります。

あ~行きたくなっちゃった。
春になったら私も出かけてみよぉ~。

 

種村

スロウ50号 裏話 カメラマン編

こんばんは

今日はカメラマンを紹介します。
菅原正嗣 30代 2児のパパ。
愛称 マー君(今は私しか呼んでない)
身長は、私よりはるかに高い。
私はわきの下にすっぽり入っちゃいます。
イケメンカメラマンとも言われています。
ま~かっこいいといえばかっこいいけど…
そんなイケメンの横顔は…

照れ屋で全然正面を向いてくれません。

そんな彼が撮った50号のベストショットはこちら

50号P76でご紹介させていただいた宮本豊子さんの笑顔。
良い笑顔でしょ。人となりがあらわれている写真。
マー君は人物を撮るのがとても上手。(だと、私は思っている)

他にも料理写真も上手。
つやっと感、しずる感があり、美味しそうに撮ってくれます。

この写真もいいでしょ。
単調な色の中にハーブティの色だけがきれいに出ています。

こんなショットも撮ります。

そして、おまけの一枚。
種の交換会で談笑する編集者です。

どうぞご贔屓に。

種村

スロウ50号裏話 vol,2

こんばんは

いよいよ明日、店頭発売のスロウ50号。
巷では村上春樹さんの「騎士団長殺し」が話題ですが…

さて、今日のターゲットは、スロウな旅北海道 編集長 鎌田 暁子さんです。
(スロウはスロウ編集部の編集者とスロウな旅北海道の編集者で作っています)

Q1.50号で「成長したな自分」と思うことは?

 A.成長できていないなぁ~。文章を書くということについて「まだまだ」が増えている日々。
 書けば書くほど難しい。

Q2.50号の取材でジーンときたのは?

 A.P143で掲載している郷土誌「ふるさと」を取材したこと。
    ふるさとは今春に出る号が最終号なので…
    郷土の魅力を伝えることの大切さをあらためて感じました。
    私にとっても節目(スロウ50号発行)の時に取材できてよかった。

Q3.50号の取材であちらこちらに行っていますが一番美味しかったものは?

  A.P56で紹介のミリケンさん取材時の料理教室でいただいた鱈料理。
     あいにく写真は載っていませんけどね。

Q4. 50号思いでのショット
   A.思い出写真は、焦がしちゃった餃子です。
(佐藤さんちのぎょうざの撮影時)
  再撮した美しい餃子は本誌誌面やWEBで!


残念!!
焦げだけ落として、美味しくいただいたよね。

ちょっとおまけのQ5.出張で家を空ける時、旦那さんは寂しい~って言わない?
   A.言う。
   「この日は出張で居ないよ」って言ったらグスンとしょげてる~。

あ~ご馳走様です。仲いいもんね。

旦那さんにはスロウのために我慢していただきましょう。

 

 

種村

スロウ50号定期購読者様への発送完了♪

定期購読者の皆様への発送を完了しました。

昨日は宛名に一枚ずつDM便シールを貼り

定期購読者の方々への「くなまが通信」も刷りあがりました。
特典なのでちょっとモザイクを…ごめんなさい。

そして、1件ずつ発送用袋にセット。
ここまでは昨夜までの仕事。

今日は本誌を詰めて発送です。
インターンシップ生のO君も手伝ってくれました。
袋詰めの時は、取材時のことはもちろん色々なことを話しながら、
時には(?)黙々と手を動かしたりと、楽しく行ってます。
今日は「常備菜」や「藤丸のチラシ」のことも話したなぁ~。
創刊当時は一日かかっていた作業も、冊数が増えたにもかかわらず
スピードアップしています。

50回発送しているのに創刊当時からの手作業は変わりません。
定期購読者の名前を確認しながら、1件1件心を込めてお届けいたします。
委託先の方へは明日になります。ごめんなさい。

書店での店頭販売は2月25日です。
どうぞよろしくお願いいたします。

種村

スロウ50号裏話 Vol,1

50号発行にあたり副編集長 片山静香さんに色々聞いちゃいました。

Q1.この表紙にした決め手はなぁに?
 A.第一印象で「かわいい」と思えたからです♪
    知恵の木の実ともいわれるリンゴ。アダムもイブに分け与えて…
    分かち合うの原点の意味合いを感じました。

Q2.どうしてこの巻頭特集にしたの?
 A. ある日突然、編集長が言い出しましたぁ。
   昔は知識や情報を子孫や近所の人々に伝え分かち合いましたが、
   今はインターネットなどで情報交換を熱心にしています。
   価値観を大事にしているところが面白いと思い、編集者の意見が一致しました。

Q3.50号で「成長したな自分」と思うことは?
 A.「たねたね交換会~」の記事を書くのに種の品種改良についてすっごく勉強しまた!!  
        遺伝子組み換えとかについても。
    知識がないと全然かけないので、あらためて勉強して書きました。

Q4.50号思いでのショットは?

P90~91で紹介しているGOCHI SOAPを作っているマーヴェラスの代表志水さんご夫妻。
高砂酒造を訪れた時の一枚です。
大吟醸はお米を削って中心を使います。お米を削った違いを見て感動しているところです。
(販売するソープは種類が違うお米の酒粕使用)

場所を移して、こちらでも熱心にご説明いただきました。

いやいや本当に編集者のみんなには頭が下がります。(身内びいきでごめんなさい)
と、言うかどんだけの知識が入っているのでしょう。
脳のしわどんだけなんだろうなぁ~。

次回のターゲットは誰かお楽しみに!

 

 

種村

スロウ50号製本中

今日の帯広は春を思わせるような暖かさ。
う~ん、ちょっと言い過ぎかな?

そんな中、今日も工場はフル稼働。
スロウ50号を製本中です。

表紙を巻いた状態。

年季の入った断裁機でしょ~。

本を揃えて並べます。

すっぱりと断裁され、バサーッと切れ端が流れます。

向きを変えての工程が続きます。

これからどんどん積み重ねられます。

50号の内容はまた後日。
お楽しみに~。

種村

帯広の空 vol,22

久しぶりに
今朝の帯広の空です。
ところどころうっすらと雲がありましたが、穏やかな朝でした。

現在の帯広も風がなく穏やか。
雪どけもだいぶ進んでいます。
このまま春へ…と行かないのが北海道。
あと何度、雪が降るのでしょうかね。

 話は変わり…
最近身体の冷えが悩みの種。
内臓から冷えている感があり、そのせいか体重が増える増える。(ん?これは別問題か?)

最近は「からだ暖まるブレンドティー」や「ルイボスティー」を飲み、

カイロ代わりに「なごみ温」を使ったり(*お届けの柄は異なります)

「とんがりソックス」をはいて過ごしてます。

これに「あとりえMOONのおしゃれはんてん」や


siripokkeのストール」がれば最高なんですけどね。

来シーズンのために貯金しなきゃ。

種村

いなきび研究会の試食会に行ってきました~♪

こんにちは
インフルエンザが再度流行り始めている昨今、皆様おかわりありませんか?
お気をつけくださいね。

さて本日、スロウ43号でご紹介した山崎農場の山崎さんからお誘いを受け
「山ちゃんのいなきび」を使った試食に参加しました。
16年度産のいなきびを使用です。

 料理の準備をして下さったのは、ご自宅で料理教室「Nobu Kitchen」を開く栂安信子先生。
本日はいなきび料理7品、アマランサス料理1品の8品を用意して下さいました。
(お~っと手元しか写っていない!失礼しました!)

 本日のメニュー

*いなきびのもずく酢和え
*生野菜サラダのいなきびトッピング
*こんにゃくといなきびの炒め物(野菜サラダの上にのってます)
*いなきびシチュー
*豆と野菜のいなきびサラダチコリのせ
*なすといなきびのカナッペ
*いなきび入り赤飯
*煮たまごのアマランサスソースのせ

 全て美味しく、食べやすいのはもちろんですが
いなきびともずく酢の相性がいいことを知りました。
また、シチューのいなきびは水洗いした後、水けをきって材料と一緒に煮込むことによって、粘りが出てくるとのこと。

 いなきびではありませんが、雑穀の一種であるアマランサス。
煮たまごのアマランサスソースのせは、プチプチとした食感が癖になります。
マヨネーズとの相性が良いのか土臭さを感じませんでした。
「キャビアみた~い」との感想もありました。

いなきびと小豆のWポリフェノールが入ったお赤飯。

 「黄色いビタミンカラー。この黄色はポリフェノールの色。
小さな粒ではありますが、栄養素が豊富に含まれています。
少しずつでも継続して食べて欲しい」と栂安先生。

先生のレシピをヒントに毎日少しずついかがですか?

~いなきび~
たんぱく質の代謝を促す亜鉛やマグネシウム、鉄、銅などのミネラル分のほか、
エネルギー代謝を助け、肌と髪の健康を保つパンテント酸、ナイアシンなどのビタミン類は白米の倍以上含まれているそう。
また、きびタンパクは善玉コレステロールを高め、動脈硬化症の予防を促進するとのこと。

~私なりのいなきび保存法~
鍋に5カップ強の湯を沸かし、洗ったいなきび1カップを加えて中火で5~6分茹でる。
ザルに上げ、水けをきる。粗熱が取れたら密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存。

 どんな料理にも使えます。
トッピングで料理を華やかにできるのももちろん、あんかけを作る時も片栗粉無しで煮詰めるととろみがつきますよ。

私のお弁当はいなきびご飯です。
米1合に対し大さじ1強を加えいて炊いてます。
気分によって多くする日も。
水の量を少し多くすることを忘れずに!

種村

メンテナンス終了しました。

こんにちは

WEB通販サイトメンテナンスを終了いたしました。
ご不便をおかけし誠に申し訳ございませんでした。

またどんどんご活用下さいませ 。

さてさて、出版前のこの時期がやってまいりました。

スロウ50号(2/25日発売)本誌ページ貼り出し風景。
本日編集者たちは、ページ並び替え作業をしていました。
編集作業も佳境を迎えています。

そして、表紙写真はどのような写真になるのか楽しみです。

種村

おいしかった~♪

昨日の鏡開きのおもち、召し上がりましたか?

昨夜帰宅してからお雑煮を作る時間がなく、
でも、汁に入れて食べたい!!と思い、
りせんのお出し」をとって、塩としょうゆで味を調え、
カネテツの素干し」のりと長ネギを添えてお吸い物でいただきました。

シンプルですが、これがまた美味しいこと。

雑煮は休みの日にして、
こんばんは、すぐできるピザかな?

会社の鏡もちもこんなにあります。

毎年、月刊しゅんの夜食でお雑煮を作っていましたが
今年は今年は社員みんなで食べれるといいなぁ~との声があり、
どのようにいただこうか思案中です。

お汁粉、あべかわ、のりしょうゆ、みたらし……色々ありますね。

種村

帯広の空 vol,21

こんにちは

今朝の帯広はぷかぷか雲が浮いてました。

朝6時の気温は-18.3度。中標津は-22.5度と冷え込みました。
日本海側の地域は荒れている模様。
15日までは寒気が入り込んで気温が上がらないとのこと。
皆さん、暖かくして過ごしましょうね。

昨夜は月も星も、くっきりととてもきれいに見えました。
その分寒かったですもんね。

種村

帯広の空 vol,20

こんにちは

今朝の帯広は空が青かったぁ~

日高山脈の上の方には、うっすらと雲がかかっていました。

また、今朝はうっすらと雪が積もっていました。
グレー色だった駐車場の雪山が薄化粧。

出社時には総務課のO氏が駐車場の除雪作業中でした。

さてさて、3連休の方も多かったと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしたか?
我が家は正月飾りを外し、七草粥をいただきました。
「一年間の無病息災を願うとともに、お正月に負担をかけた胃腸を休めるため」ということから
朝、七草粥をいただく風習がありますね。

が、
七草を買い忘れちゃいましたぁ~
なので夕食でいただきました。
胃腸を休めるためのお粥。
しかし、我が家の食卓はいつもの通り。
相変わらず酒につまみが並びます。
それで、〆にお粥を…
一年間の無病息災を願いながらいただきました 。

11日は鏡開き。あべかわ餅にしようか、お雑煮か?
15日は小正月でどんど焼き。小豆粥を食べなきゃ。
あ~まだまだ胃腸は忙しい。

 

種村

皆さん良いお年をお迎え下さいね

こんばんは

本日をもって2016年の業務を終了いたします。
皆様今年もたいへんお世話になりありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日の帯広は
朝は快晴だったのに
昼には雪に…

そんな中、皆で大掃除開始です。
トイレ掃除から始まり

壁紙の塗り替え

編集部はモスグリーンに塗り替えます。

壁の色、わかりますか?
きれいになった壁の前でご満悦の高原さんです。

2017年1月5日から営業いたします。
お休みの間ご不便をおかけいたしますが
どうぞよろしくお願いします。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

種村

お知らせ

CERAMIC-STUDIO GAKUの吉田南岳さんの展示会
明日までです。

「陶器とわら細工2人展」

開催期間 12/5~12/11
開催時間 10:~17:00(最終日16時閉廊)
会場   ギャラリー夢庵
      帯広市西5条南11丁目263 
       TEL 0155-27-1332

体験教室も行われているのですよ♪
必ず電話でお申し込み下さいね。
PM1:00~3:30
体験費用:4,500円(材料費、税込み)
dsc_0087

種村

商品撮影風景

昨日、スロウ50号に掲載する商品撮影をしました。
撮影者はフォトグラファーT氏。
モデルはクナウマガジンの編集者O氏とH氏。
では撮影風景をご紹介
20161209175757
このように実際に使ってみます。
シチュエーションはとても大切です。

あっ、あれ~?
20161209175921
シ、シチュエーションは大切で…す。が…。
目元。めもとに注目して下さいね。
目に乗せる「目まくら」の撮影風景です。
ちょっと不思議な写真ですがねっ。

ここはフォトグラファーT氏のお宅。
よく撮影現場に使わせていただいてます。

皆さんよ~くご覧ください。
奥に卓球台が見えますねぇ。
ある日突然現れた卓球台。

撮影時は撮影台に。
T氏M氏が社員を招いてお食事会を開いてくださる時は、
テーブルと化して多くの料理が並びます。
そして、食後は卓球大会があったりと大活躍です。

さてさて、2枚の写真。
スロウ50号の紙面ではどのように使われているのか、
皆さんお楽しみに!

 

1 / 3123

ページの先頭へ戻る

「northern style スロウ」通販サイト